Column商品コラム

2021/01/18
コラム

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは

 

Bonjour ! 

ここではEpiphanie エピファニーについてご紹介いたします。

 

聖書によると、イエス・キリストはベツレヘムに生まれました。そこへ Rois mages東方の三博士(賢人・預言者)が救世主イエス・キリストの降誕を祝うためにやって来ます。「Epiphanie(エピファニー)」とは、この日につながる祝日のことです。

 

博士(賢人・預言者)Rois Mages ロワ・マージュ:

キリスト降誕を祝いにやって来た東方の三博士は「王」とも訳されます。

 

Magesという語は「占星術師」という意味もあります。きっと天の声が聞こえる者という意味も含まれているようです。

 

 

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは

 

Epiphanie16日。日本語では「公現節」と言われます。

 

 

Epiphanie」という語は “ epiphaneia ”「公に現れる」という意味のギリシャ語に由来しています。Epiphanieは「la fête des Rois 王様の祝祭」という呼ばれ方もあります。*Fête 祝祭 *Rois 王様

 

 

ご存知の様に、カトリックにおいてイエス・キリストが生まれた日「1225日」がクリスマスです。

 

12月になるとクリスマスツリーを準備しますよね。ここで使う樹の種類は生命のシンボルでもあるモミの木(冬でも緑色をしている植物)。上には星を飾って12月25日を迎えます。

 

クリスマスにまつわる話はこちらblogも ☞ フランス ストラスブール【Grand Sapin 巨大クリスマスツリー】 

 

 

 

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
クリスマスツリーには赤い星を飾ります。

 

聖書によると、

東方に住む3人の預言者Rois Mages(ロワ・マージュ【 Melchior  メルキオール, Balthazar バルタザール, Gaspard ガスパール 】が“救世主が生まれたことを示す”赤い星”に導かれてベツレヘムまでやってきます。

 

この道のりにかかった日数が12日間

 

つまり、

 

クリスマス1225日から数えて12日後にあたるのが1月6

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
Melchior メルキオール
【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
Balthazar バルタザール
【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
Gaspard ガスパール

 

“赤い星”に導かれて馬小屋に辿り着いた預言者( Melchiorメルキオール, Balthazarバルタザール, Gaspardガスパール)たちは「生まれたばかりのイエス・キリストをみつけて、それぞれに宝物を捧げました」。

 

【フェーヴ】預言者の捧げものについては ☞ 【フェーヴ】預言者の捧げものについて

 

 

この「宝物を捧げにやってきた」という出来事が重要!

なぜなら

預言者らが宝物をイエスに捧げたことは救世主として公認した証」だから!

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
12月の教会の中に飾られたキリスト降誕場面の群像 CRECHE クレーシュ

 

こうして「預言者らによって救世主がお生まれになったことを「公」にした日」とされているのが1月6日の「公現祭 Epiphanie エピファニー」

  

フランスでは、この1月6日のEpiphanieエピファニーの日に

 

Galette des Rois(ガレット・デ・ロワ)」 を分け合って食べて祝う習慣があります。

 

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
1月のショーウィンドーにはガレットデロワが一面にならびます

 

この習慣はパリ近郊だけのことではなくて、北から南までフランス全土。とっても盛大だから、

 

ガレットデロワを食べるのは16日だけのことではなく、なんと

 

2週間も続きます!! 長いところでは1月末まで!

 

1月のフランスで何度も食べる機会に恵まれる「ガレット・デ・ロワ」(後日リンク)。他のお菓子にない歴史(後日リンク)や特徴(後日リンク)については、またの機会に。 

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
ガレットデロワがモチーフの磁器製の飾りFEVE フェーヴ

 

当社の販売商品fève フェーヴ(磁器製の飾り)後日リンク)は、エピファニーと結びついているフランス伝統菓子Galette des Rois ガレット・デ・ロワに(後日リンク)使われるもの。

 

たくさんある素敵なfeveフェーヴのお求めはコチラの商品ページからどうぞ ☞ Fèveフェーヴ

 

1月6日 Epiphanieはカトリックの行事。

そして、この祭日と結びついているフランス菓子が「ガレット・デ・ロワ

 

家族、友人、職場、学校、ジム、老人ホームや市役所などでも1月いっぱい愉しみます♪ 

この様子も商品コラムより紹介させていただきます。

Bonne fête a tous !

【フェーヴ】Epiphanieエピファニーとは
フェーヴ(磁器製の飾り)CRECHEクレーシュのシリーズ

 

こちらはガレットデロワに隠すFEVEフェーヴ(磁器製の飾り)。三博士のほかに、イエス、マリア、ヨセフなども精巧につくられています。

 

お求めはコチラから ☞ L'odyssee des rois mages フェーヴ『クレーシュ(昼)』(12ピース)

他には、

 

モダンなデザインのクレーシュもあります。

お求めはコチラから ☞ creche contemporaine フェーヴ『モダン・クレーシュ』(12ピース)

Share