Blogizumiブログ

2019/01/30
商品紹介

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier

Bonjour ! 

今日はレザベイユショコラの木苺の花のハチミツのご紹介。

フランス生活の喜びの一つには、市場で買える豊富な野菜や果物の魅力があります。その中でも特に感動した果物は、新鮮な木苺(Framboise フランボワーズ)。

写真はランジス市場で撮影したものです。こんな感じの容器に入って街中のマルシェに納品されていきます。木苺はフランス語でFramboiseフランボワーズ。そして、レザベイユ南青山の店舗では、この木苺のハチミツが一番人気。

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier

果実の場合は、Framboiseフランボワーズと呼びますが、木苺の花の蜜源から作られるハチミツの場合は、その木を指して呼ぶためFramboisier フランボワジエ。

◆ 木苺の花のハチミツ=Framboisier フランボワジエ 

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier

今年2019年新作のレザベイユショコラは2つありまして、その一つは、<木苺のハチミツのとろりタイプ>。もう一つは<もみの木のハチミツのとろりタイプ>

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier

木苺のハチミツに加えて果汁も使ったガナッシュ仕上げは、レザベイユ・ショコラの原点=赤箱の6個入(シス)、3個入、9個入にも入っている代表商品。中のガナッシュは果汁も使って甘酸っぱさを与えながら、ピンク色の仕上がりにました。

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier

*断面をきちんと撮影したいと思っていますが、今回はこれでごめんなさい。

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier
レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier

シャック来日時の写真。ショコラの絵柄に注目して少し前のもの。

2匹のミツバチが向き合ったLes Abeilles(レザベイユ)ブランドマーク、木苺とヒマワリの花の絵柄は当初からオリジナルデザイン。

左上の緑色の柄=森の植物のハチミツ、その横の紫色柄=ラベンダーのハチミツ、右下のオレンジのハチミツを使ったショコラ。以下の写真が現在です。

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier

次回は、アカシアのハチミツを使ったシンボルショコラの紹介~続きにて 

レザベイユ・ショコラのはじまり~続き framboisier
Share