Blogizumiブログ

2020/07/14
はちみつ
コラム

Mielハチミツは「花の蜜」ではない

Bonjour !  本日はハチミツの源となる物質のこと。こちらは店舗でご質問いただくことが多い内容です。フランスのハチミツの定義も添えてご紹介させて頂きます。

Mielミエル(ハチミツ)とNectar ネクター(花の蜜)は違う」

ミツバチの食料はMielミエル(ハチミツ)。ハチミツを創り出すミツバチは全部メスのミツバチ。彼女たちは自分達の食料となるMielミエル(ハチミツ)を作るために、その源となるNectarネクター(花の蜜)を集めるために花から花へと飛び回ります。

集めた花の蜜に特別な加工をして作り変えたものがMielミエル(ハチミツ)です。だから養蜂箱から採取されるMielは、花の蜜とは違う成分の特殊な食べ物です。

→ 成分についての詳しい紹介は、またの機会に

Mielハチミツは「花の蜜」ではない

「蜜源となる蜜は花の蜜以外もある」

店舗で接客をさせて頂いていますとハチミツの原料となる蜜は「花の蜜だけ」と思っている方が沢山いらっしゃいます。

 

ミツバチが集めてくる蜜には、「花の蜜」以外の「蜜」があります。これはどんなものかと言いますと、フランス語でMiellatミエラと呼ばれるものです。

 

Miellatとは、植物の樹液などを吸った小さな虫(PUCERON:アブラムシ)が口やお尻から液(SEVE:セヴ)を分泌して葉などにつけた液体状の蜜のこと。この液体は糖が多くネバネバしています。この液体を分泌する虫はPUCERONと呼ばれています。METCALFA(=PAPILLON)蝶の中にも同様にSEVEを分泌する種類がいるそうです。

この様に、ミツバチが作り出すMielハチミツの源となる蜜には「花の蜜」と「Miellat」が存在します。

Mielハチミツは「花の蜜」ではない

このMiellatから作られる代表的なMielには、

*sapin:サパン(モミの木)

*pin :パン(松)

*chêne(柏の木=オーク)があります。

 

このような種類のハチミツを日本では「甘露蜜」と呼んでいます。

 

Miellatミエラの中で特に希少価値が高いと言われている種類は「Sapinサパン(もみの木)のハチミツ」。ヨーロッパでは常に高価格で取引されています。*上の写真はフランスのサパン(もみの木)の写真

Mielハチミツは「花の蜜」ではない

上記を理解いただいた上で「ヨーロッパにおけるハチミツの定義」をご覧ください。

 

<ヨーロッパの定義>

Un rapport du Conseil de la Communauté européenne(74/409/CEE) donne une définition précise et univoque du miel qui est « le produit alimentaire que les abeilles domestiques fabriquent à partir du nectar des fleurs ou des secrétions provenant des parties vivantes des plantes, qu’elles butinent, transforment et combinent à des substances spécifiques propres, qu’elles conservent et laissent “vieillir ”dans les rayons de la ruche. Ce produit est fluide, épais ou cristallin »

 

 

<Miel (ミエル)とは>

ミツバチが作り出す特殊な食べ物のこと。この物質の源となるものは、花の蜜Nectar(ネクター)または Miellat(ミエラ)と呼ばれる植物由来の蜜です。ミツバチたちは、それらを源にしながら固有の物質を作ります。そして、住処である巣の中に蓄積・保存・熟成をさせて完成させる特殊な食べ物のことで、粘度のある液状または*結晶した物質です。

→*「結晶」については、またの機会にご紹介させて頂きます

 

Mielハチミツは「花の蜜」ではない

ハチミツは奥が深い食べ物。フランスでは蜜源となっている植物の効能がそれぞれのハチミツにも存在しているとも言われています。

古来より、天の恵みとして大切にされ、栄養や健康への働きに注目されてきました。

 

Mielの奥深さに注目しながら、お楽しみ頂けると嬉しいです。

では、また。A bientôt !

Mielハチミツは「花の蜜」ではない