Column商品コラム

2022/06/18
商品紹介
お菓子
コラム

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは

Bonjour !

 

今回はフランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】のご紹介です。

パリでは見かけることは少ないですが、フランス人なら誰でも知っている有名な地方菓子のひとつです。フランスのプロヴァンスではよく見かけるものですから、地方によっては馴染みのあるお菓子ともいえるでしょう。

 

このようにフランスで「Calisson 」といえば「南フランスのプロヴァンス」

 

 

その中でも、特に Aix-en-Provence(エクス=アン=プロヴァンス)の銘菓として知られています。地方名のカタカナ読みを「エクス=アン」と書きましたけれど、発音するときは「エクス」と「アン」をつないで「エクサンプロヴァンス」といいます。

 

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
プロヴァンスの内陸に位置するLuberon(リュベロン)にて @2010撮影

 

パリにある百貨店の地方菓子売り場にも【 Calisson カリソン】は必ず置いてある銘菓です。南フランスの街では、あちらこちらに並んでいる定番だから自然と目にする機会が増えます。

 

きっと、旅行先の思い出として懐かしいと思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

 

私自身、南フランスからのお土産に受け取ったことが何度かあります。そのときのエピソードを izumi Blog に投稿したときに【Calisson 】に触れていて、振り返ったら2回もありました。

 → お土産はフランス地方菓子 Calisson カリソン(2019/01/08)

 → フランス プロヴァンスからのお土産 Calisson カリソン(2018/11/12)

 

 

さて、【 Calisson カリソン 】とは

特徴的な形をしているお菓子。「丸みのあるひし形(唇のような)」をしています。フランス語では navette ナヴェット と表現しますから「舟形」という表現が一番よいでしょうか。 

表面は艶のある砂糖がけがしてあり「白色」が印象的な一口サイズのフランス菓子(違う色のものもありますが白色が主流)。

黄色っぽく見える生地の部分は「アーモンド」をすり潰したものに「メロンやオレンジの砂糖漬け」を混ぜ合せてペースト状にしたもの。原料とする香り高い果物とアーモンドの美味しさが味わいの魅力です。

食感は柔らかくて、しっとりした生地。歴史は古く17世紀ごろから作られているといわれています。特に Aix-en-Provence(エクス=アン=プロヴァンス)の銘菓として知られる伝統菓子です。

 

 

さて、プロヴァンス地方はどこかというと

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
18ピースからなるフランス地図のフェーヴ。各地の名産品がモチーフになっています。

こちらの「フランス地図のフェーヴ (磁器製の飾り)のお求めはコチラから

→ France d'exception 3D フェーヴ『フランス万歳!』(18ピース)【専用箱セット】Prime社製

 

良かったら【商品コラム】もご覧ください。18個分の説明だから長編です。ちなみにプロヴァンス地方は後編の中にあります。フランス旅行気分でご覧になって頂けますと幸い。

【フェーヴ】フランス地図(1-6)前編

【フェーヴ】フランス地図(7- 12)中編

【フェーヴ】フランス地図(13~18)後編

 

こちらのフランス地図の中で「プロヴァンス地方」に注目すると今回のテーマ【 Calisson カリソン 】がモチーフになっているのが見てわかるでしょうか。

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
オリーヴオイルの後ろにある「白いひし形」をしているものが【 Calisson カリソン】

 

地中海岸に広がるこのあたりは冬でも暖かい気候で南国らしい雰囲気。ときおりミストラルと呼ばれる季節風が吹き荒れることでも知られています。Provenceと言えば、ラべンダー畑も有名ですね。

 

当店の定番商品「ヌガー・ブラン」「ヌガー・ノワール」限定数販売中の香り高い「ラヴァンダン(ラベンダー)はちみつ」も、こちらの地方から届いています。

 

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
パティスリーのウィンドーに並べられたCalisson

 

【 Calisson カリソン 】の特徴

・「舟形」丸みのある、ひし形(唇のような)

・上面の砂糖かけ(白色のままのものが基本)

・アーモンドと 果物の砂糖漬けを混ぜてペースト状にした生地

・砂糖漬けの果物の種類は「メロン」が主流(他の果物を使うものもある)

・オレンジ水(オレンジフラワー)を使って香りづけをしてあるものもある。

 

 

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
お洒落な「ひし形」が魅力♪

 

果物の砂糖漬けのことをフランス語では「 Fruits  confits(フリュイコンフィ)」と言います。こちらもプロヴァンスを代表する名産品です。

・Fruits フリュイ(「果物」の意)

・Confits コンフィ(「漬ける」の意)

 

どんなものかというと

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
@2010年APTにて撮影

 

ピカピカした果物を見ると「いや~かなり甘そう!」そんな想像をしてしまうのではないでしょうか。私の場合はそうでした。けれども! なんと、これが見た目と違っていて美味!初めて食べたときは驚きと感動でした。

 

「果物本来の味と香りがする!」「実に美味しい!!」

そして、この様な Confits の中で「メロンのもの」を原材料としているお菓子が【 Calisson カリソン 】です。

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
@2010年APTにて撮影

 

【Fruits Confits フリュイ・コンフィ】というものは、メロン、アプリコット(あんず)、パイナップルなど、いろいろな果物からの作られています。詳しく知ると貴重で高価なものになることに納得させられます。だから、

メロンの砂糖漬けを原材料に使う【Calisson カリソン】も貴重な銘品と言えるでしょう。

 

 

【Fruits Confits フリュイ・コンフィ(果物の砂糖漬け)】も伝統のあるフランス地方の銘菓です。こちらについても奥が深いので、またの機会に後日リンク)

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは
只今、カフェ席ではフランス本場の味「Calisson」をプレゼントしています(限定数)Bonne dégustation

 

フランス伝統菓子【 Calisson カリソン 】もヌガーのように、見た目が同じでも、原材料(アーモンドの違い、果物の違い)や製造元によって、「食感」「味」「香り」に大きな違いがあらわれます。例えば、

 

 

南フランスの特徴として、原材料によく使われている独特な香料があります。これはオレンジフラワーオイル(オレンジ水)とも呼ばれるものです。私は、この香料が使われているカリソンしか知らなかったので、長年「カリソンの味はこう」と思い込んでいました。ところが、

 

 

今回のカリソンを食べた時には「あれ??なんだか美味しい」。私好みの味と思える【 Calisson カリソン 】に出逢えて感動しました。だから ”このカリソンをお届けしたい” と思って準備中です。お楽しみに♪

 

 

【Calisson カリソン】や 【Fruits Confits フリュイコンフィ】にまつわるフランス資料は、7月開催ターブルドットでご紹介させて頂く予定です。勿論、プロヴァンス製【Calisson カリソン】もご用意いたします。ご興味のある方は、ぜひ気軽にご参加ください。お申し込みはコチラ → Table d‘hote ワークショップ

 

 

フランスの地方菓子【 Calisson カリソン 】とは

 

今回、ここでは触れませんでしたが【Calisson カリソン】の名前の由来には素敵なお話があります。

そちらのご紹介は、またの機会に♪(後日リンク)

 

ではまた A bientôt ! 

Share