Column商品コラム

2022/04/14
お菓子
コラム

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?

Bonjour ! 

ここでは【Guimauveギモーヴ】と呼ばれているフランス菓子についてのコラムの続きより、ギモーヴ(マシュマロ)の名前の由来となった「植物」についてのおはなし。

◎Guimauveギモーヴ(フランス製)新商品として準備中 (2022年9月頃からの予定)です。このことから投稿箇所を【izumi blog】 から【商品コラム】へ移動しました。

 

お菓子のことはコチラ 

→ 【Guimauve ギモーヴ】とは 

→ 【 Guimauve ギモーヴ 】は、マシュマロのこと?

            

 

◆ 植物 Guimauve ギモーヴ (英 marsh-mallow )

 

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?
植物 ウスベニタチアオイ (フランス語:Guimauve 英語:Marshmallow)Shutterstock出典

 

Guimauve どんな植物?

 

 

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?

 

ヨーロッパでは、植物Guimauve(ウスベニタチアオイ)には「喉や胃の炎症を抑えるなどの薬効がある」ということが昔から広く知られています。この植物には粘液質があります。

 

 

古代エジプトでは、植物 Guimauve の根をすり潰し、その粘液とハチミツを混ぜてキャンディーのようなものを作り、咳止め、胃腸薬としていたそうです。(参考書籍:お菓子の由来物語 猫井登)

 

 

フランス菓子「ギモーヴ」の名前は、この植物に含まれている粘液を使っていたことから、この植物の名が由来となっていて、お菓子の名前が「Guimauve ギモーヴ」となっています。英語では Marsh-mallow  マシュ・マロウに由来する「マシュマロ」の呼び方が定着していますね

 

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?

 

単語について追記すると、Marsh-mallow  マシュ・マロウ の「Mallow(マロウ)」を意味するフランス語はGuimauve の「Mauve(モーヴ)」の箇所です。Mauve だけで「植物のアオイ(葵)」を意味します。

 

 

Mauve モーヴとは、形容詞として「薄紫色」という意味もあって「モーヴ色」という時にも用いる単語です。これは上部の写真のように「植物の花の色が Mauve色 (=葵色・薄紫色)であること」に由来しています。

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?
パリにあるハーブ専門店。症状を伝えると調合してくれます。薬草の効果を活かしたハーヴは漢方のような存在。

 

フランスの食について調べていると「ハーブ=薬草」を使う記述が多く見つかります。

 

マダムの家には Infusionアンフュジョン(=ハーブティー)が常備してありますし、ビストロ、カフェ、レストランの食後の飲み物としてハーブティーをオススメされることが良くあります。

 

 

このような事から、フランスはハーブティーを飲む習慣がある国と言えるでしょう。

※「infusionとは」(後日リンク)

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?
主成分として Guimauve ギモーヴと書いてあります

 

今回「Guimauve ギモーヴ」について調べる際に頭をよぎったのは【INFUSION BIO DETENTE&SOMMEIL プロポリス入りハーブティー(夜・リラックス)】

 

原材料に【Guimauve (薄紅立葵)】が含まれています。

 

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?

 

今回、フランス菓子Guimauveによって薬草(ウスベニタチアオイ=薄紅立葵)を知ることができました。

 

同じ植物を指すのに「フランス語名 Guimauve」と「英語名 Marshmallow」がこんなにも違って驚きました。似ていない単語ですよね。似ていない理由が解明したら追記したいものです。

 

ご拝読、有難うございました。Merci ♪

▼ ただいま、コチラのGuimauve プレゼント中!! 詳しくは「お知らせ」よりご覧ください (2022.04)

 

フランスの地方菓子【 Guimauve ギモーヴ 】とは、どんな植物?

 

 

Share