Column商品コラム

2021/10/10
はちみつ
コラム

【ハチミツ】幸せホルモンとは?

 

Bonjour !

ここでは【ハチミツ】はちみつとヨーグルトを一緒に食べるとよい? の終わりに書いていた「ハチミツ&ヨーグルトをオススメする理由はほかにも!」とご紹介していた内容についてお話したいと思います。

 

それは「心への栄養=幸福感」がもたらされるという内容です。

 

「ハチミツによる幸せ気分♪」

きっかけは、常連のお客様(お医者様)との会話でした。

【ハチミツ】幸せホルモンとは?

 

「アーモンドの花のハチミツ」がお気に入りとなって通ってくださるようになった女医先生に商品の紹介として「ヨーグルトも販売しているんですよ」と伝えたところ

 

 

「それは、とってもいいことよ♡」と目をキラキラさせていわれました。

そして「ヨーグルトとはちみつの関係」について素敵なことを教えていただいたので、追加資料と合わせて、ご紹介をさせていただきます♪

 

 

【ハチミツ】幸せホルモンとは?
フランスのロングセラー商品「ヨーグルト&はちみつ」

 

もともと、ハチミツは乳製品との相性がとてもよく、ヨーグルトにかけて食べるのはもちろん、ミルクに溶かして飲むのもおすすめと言われています。 

 

実際に「味」「栄養」として日常的に継続して美味しく摂る食品として勧めさせて頂いくことが多いのですが、今回のお勧めの理由は「気分」に関わることです。

 

「セロトニン」とよばれる物質 

「MIEL ミエル(はちみつ)」の良い関係

 

【ハチミツ】幸せホルモンとは?
パリのカフェでホットミルクを頼むとハチミツが一緒にサービスされます

 

この「セロトニン」という物質は、ストレスを緩和して心の興奮を鎮めてくれるそうです。

 

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれています。耳にしたことがあるのではないでしょうか。

※セロトニンについて詳しく知りたい方は ☞ 厚生労働省 セロトニンとは

 

このセロトニンは、体内では生成できないものだそうです。だから、食物から取り入れるしかないものとのこと。

【ハチミツ】幸せホルモンとは?
パリで大好きになったデザート「フロマージュブランとはちみつ」

 

この「セロトニン」の原料となるトリプトファンという必須アミノ酸が牛乳の中にたっぷり含まれているそうです。

そして、そこにハチミツが合わさると「とってもいい!」とのこと!

 

 

何故よいのか? というと、

【ハチミツ】幸せホルモンとは?
ホットミルクにはハチミツがついてくる @ヴェルサイユ宮殿の庭内カフェにて

 

ハチミツに含まれている「ブドウ糖」トリプトファンを身体に吸収することを助けくれて、

 

トリプトファンがビタミンB6と合体してセロトニンが生成される

 

だから、ホットミルクにハチミツを入れることや

【ハチミツ】幸せホルモンとは?
「ヨーグルトにアカシアのハチミツ」はレザベイユ南青山のカフェメニュー

 

ヨーグルトにハチミツを入れることは

 

 

この「しあわせホルモン」という素敵な理由からも

”一緒に摂ることがお勧めなペアリング”ということを教わりました。

 

【ハチミツ】幸せホルモンとは?

 

私は、この理由を教わる前から、ヨーグルト&ハチミツを食べることが多いですし、寝つきが悪いときや疲れたときにホットミルクにハチミツを入れて飲んでいます。

実際に、緊張が和らいで寝つきが改善されたり、ホッとした気分になるのでそうしていましたが、こういうことだったのかと知ることができました。おもしろいものですね ♡

 

「腸内環境を整える」という理由からお勧めさせていただいている投稿もあります☞ 【ハチミツ】はちみつとヨーグルトを一緒に食べるとよい?

izumiブログではパリ生活で見つけたハチミツのエピソードをご紹介してあります。良かったらこちらもご覧ください ☞ フランス・日常の中のハチミツ

 

A bientôt  ! 

Share