Column商品コラム

2021/04/14
フランス文化
商品紹介
コラム

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日

※スズランの日が広まることを願う気持ちはパリで企業した2002年当時から今も変わっていません。こちらは手帳【mémoire vive2006】文章の再編集よりblog掲載させて頂きました。

 

【幸せを運ぶスズランの日】

 

5月1日といえばメーデー(フェット ドゥ トラヴァイユ:la fête du Travail)で、フランスは祝日。例年、労働組合が全国各地でデモ行進を繰り広げるのですが、フランスにはもう一つ、5月1日には「幸せな気分になれる伝統的な習慣」があります。

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日

 

この祝日は、誰もが道でスズランの花 “ミュゲ:Muguets ”を売ることが許されるので、街のあちらこちらにスズラン売りが現れます。

 

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日

 

勿論、道だけではなく、

パリだけで1200店(2006年当時)とも言われる沢山の花屋は、スズランのブーケや鉢植えでいっぱいになって、香り豊かな美しいウィンドウが広がります。

この時期のフローリストは一年で一番の忙しさ!

 

なぜなら、ここフランスでは、「5月1日にスズランを贈ると、贈られた人が幸せになれる」という言い伝えがあって、大切な人(家族、恋人、友達)に感謝を込めて “スズランを贈る日” でもあるからなのです。

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日

 

「森の鈴」とも呼ばれる可憐な白い花を咲かせるスズランは「春の象徴」。

そして、「幸せと愛を運ぶ花」。

 

今も大統領官邸が住むエリゼ宮には、ランジス市場(卸売市場)から恒例のスズランが大統領夫妻に届けられています。なんだか、その様子を想像するだけでも笑顔になれませんか。

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日

 

 

このようなことを知ってから、この素敵な習慣が日本でも広まることを願うようになりました。

 

当店では、オープン当時から5月にはスズラン柄のラッピングやスズランの花をお配りするなどのプチイベントを行いながら、フランスのスズランを贈り合う習慣をお伝えさせて頂いております。

 

今年はこちらをご用意いたしました。お求めはコチラ→ Muguet スズランキャンディ

 

 

 

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日
スズラン柄のラッピングもフランス製

 

 

店舗イベントとしては今回7回目となりますが、手帳にスズランの日のことを書いて制作したのは15年前の2005年(2006年用の手帳として)。

 

少しずつでも、

日本にもフランスの素敵なスズランを贈る習慣が広まると嬉しいものです。

 

 

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日
memoire vire 2006 手帳より

 

スズランの日の起源をフランス人に尋ねると「幸せもスズランの花のように貴重だからだよ」という素敵な答えを友人が教えてくれました。そして、更に詳しく調べてみました。

 

歴史をひもとくと、その起源は1560年まで遡ります。

 

当時10歳だった後のフランス王シャルル9世が、母であるカトリーヌ・ド・メディシスと一緒にSaint-Paul-Trois城の庭を散歩していました。その際、最後に摘んだスズラン花を「幸運を運ぶ花」としてプレゼントされました。そして、その翌年(1561年)の同日、シャルル9世が宮廷の女官たちにスズランの花をプレゼントして「毎年贈ることにしよう」と彼女たちに言いました。これが、5月1日にスズランを贈る習慣の始まりになったそうです。

 

 

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日
レストランにはこんな演出も

 

パリでは、花屋だけでなく街角のスーパー、お菓子店(パティスリー)やパン屋(ブーランジュリー)のウィンドウにもスズランの花が飾られます。

写真にはありませんが、スズランをかたどった砂糖菓子やチョコレートも並びます。そして、お菓子で作られたスズランも幸せを運んでいきます。

 

 “幸せを贈る日” があるとは、なんて素敵な習慣なのでしょう。

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日

 

この日、私も大切なパリの方々に、幸せを運ぶスズランの花を届けに行きました。

こんな気持ちは日本の生活の中でも忘れないようにしていたいと思っています。

 

【スズランキャンディー】幸せを運ぶスズランの日
マダムと暮らすキッチンにて

 

花言葉:「ずっと前から好きでした」

 

フローリストから教わった話では、

贈る日が大事!

「幸せを届けるなら、5月1日の当日に贈ること」これが大事なことだそうですよ。

さぁ、今から準備を愉しみましょう~♪

 

Bonne Fête !

Share