Column商品コラム

2020/10/05
商品紹介
コラム

【ヌガー】nougat ヌガーとは

Bonjour ! 

今日はnougatヌガーの話です。当店のNougat ヌガーを召し上がったことはございますか。

 

 

※ヌガーの販売時期は冬季だけにさせて頂いております。理由は、湿度が高くて猛暑が続く日本の夏は、品質が保持できないと判断し、皆さまへ良品をお届けするために限定させて頂きました。リピートしてくださるファンも多くいらっしゃるヌガー。できることなら通年ご提供させて頂きたい商品ですが、美味しくお召し上がり頂くため、ご了承ください。

 

 

さて、私自身もヌガーのファン!

 

できることなら~ 夏の期間にも味わいたい!

 

そんな思いから用意したのが【特性ヌガー・アイス】!

 

リッチなヌガーがふんだんにはいった贅沢アイス。高価な仕上がりになっていますが、きっと、ご満足いただけると思っております(再改良版2020年より新商品)。自慢の味に完成!

https://www.lesabeilles-minamiaoyama.jp/product/?ca=4

【ヌガー】nougat ヌガーとは

 

さて、話をヌガーに戻します。

 

 

私がパリに住み始めたのは1999年9月。当時の私はnougatヌガーというお菓子について「歯につく」「白くて甘い」イメージしかなくて、正直そんなに興味はありませんでした。

 

 

そんな私が、日本を代表するパティシエたちのアテンド仕事をきっかけに、プロの養蜂家が営む【Les Abeillesレザベイユ】の店主との出会って「本物のハチミツ」に感動!Nougatヌガーを初めて食べたときは、想像と違った美味しさに目からうろこでした。

 

 

「私が知っていたハチミツやヌガーはいったい何?」

 

【ヌガー】nougat ヌガーとは

 

と~ってもハチミツの香りが豊かで、アーモンドもこれまた美味!

 

 

なんといっても「歯につかない」口どけが良い」

ということに驚きました。これが本場のヌガーなのか!?と。

 

 

【ヌガー】nougat ヌガーとは

 

まず初めに知って頂きたいことは、

 

「Nougatヌガーは、同じ呼び名のお菓子であっても、発展した国や地方で様々な特徴がある」ということ。

 

だから「見た目が同じでも、大きな違いがある」

 

 

だから、ぜひ、当店のヌガーを食べ比べしてみて頂きたい!

召し上がっていただけたら、きっと、その違いを分かっていただけることでしょう。

 

 

当店のヌガーは、その種類を正確に表現すると「nougat au miel ヌガー・オ・ミエル」という種類になります。miel ハチミツたっぷりなところが特徴の逸品。

 

【ヌガー】nougat ヌガーとは

 

 

いろんな製造元や地方の特徴が存在する中から厳選したヌガーは

 

「プロヴァンス産のラヴェンダー(ラヴァンダン)のハチミツ」

「中に入れるナッツは、プロヴァンス産のアーモンドだけを使った伝統製法のもの」

これが、こだわりのポイント!

 

 

正直、フランス国内の中でも高価な種類です。何故かといえば、天然ハチミツはプロヴァンスのラベンダーの品種が最高級だからです。そして、その含有量が非常に高いのが理由。

 

 

当店のお客様ならハチミツが貴重品である(ミツバチにしか作り出せない特殊な自然食品)ことは既にご存知ですね。

 

【ヌガー】nougat ヌガーとは
フェーヴ(磁器製)のヌガー。ヌガーとはハチミツとアーモンドを使った糖菓

 

最近、フェーヴの画像をアップしながらフランス菓子の紹介を始めました。そのリンクのページへヌガーのことを少し載せたときの写真です。https://www.instagram.com/la_ruche_officiel/ 

 

 

ご覧のとおり、ヌガーにはアーモンドのモチーフがついています。

 

 

ヌガー自体の歴史やルーツとしては中央アジア、中国といわれていてシルクロードなどを経てヨーロッパに伝わり、その過程で様々なヌガーが各地で発展したといわれますが、他にはメソポタミヤ時代に遡る記述もありました。とにかく長く愛されていることに間違えはありませんね。

インスタにも書きましたが、フランスで初めてヌガーが作られたのは16世紀。

【ヌガー】nougat ヌガーとは
フェーヴ(磁器製)のヌガー。ヌガーはハチミツを使う糖菓だからミツバチの絵柄付き。

お菓子の呼び名については、フランスでは次のように言われています。

 

 

古代プロヴァンス語でクルミのお菓子をnogatといったそうです。そして、その語源となっているのはラテン語nux。こちらがクルミの意味。現在のヌガーは、アーモンドとハチミツを使いますけれど、昔は、ハチミツとクルミを使って作っていたそうです。その糖菓がルーツとなっていることから、その頃の呼び名「nogat」が語源となったと言われています。ちなみにフランス語でクルミのことは「noixノワ」といいます。

 

 

昨年購入したフランス書籍にヌガーの説明ページがあって、そこには「Le nougat, c'est pas de la noix!」=「ヌガーは、クルミではない!」とのタイトルが書いてありました。これをみて、クルミが語源となっていると言われている証からだろうと思わされました。

 

 

ヌガーの魅力の続きは、またの機会に。種類は、白色、黒色、2種類あります。

まずはご賞味あれ♪ Bonne dégustation

 

 

 

【ヌガー】nougat ヌガーとは
【ヌガー】nougat ヌガーとは
Share