Blogizumiブログ

2020/10/14
食べもの

パリのショコラ

Bonjour !

季節の変わり目、いかがお過ごしでしょうか。台風の影響で外出も控えて静かに過ごしていましたが、なんとなく身体の疲れを感じた週末でした。風邪などひかないように、しっかり体調を整えたいところです。

さて、先日の店舗からのメルマガでもお知らせさせて頂きましたが、次回のTable d’hôte は「カフェ」をテーマにしています。勉強会のようなものでもあるので、フランス資料より、歴史やルーツのご紹介もさせていただきます。ご都合がよかったら、ぜひご参加くださいね。

パリのショコラ

調べていると「活力が増して調子が良くなるものとして広まった」という話があるのですが、この背景は、ショコラも、ハチミツも、みな同じ。

それぞれ起源は違えども「身体に良いものに対する人々の関心が高い」ということは、今も昔も変わらずに続いてきていることがわかります。

パリのショコラ

そしてチョコレートについて取り上げるならば、味への追及はどんどん進化していますね。

最近ではチョコレートの原料である豆の産地にも拘ったものが注目されて、豆からチョコレートへ加工するまでを一貫して製造を行う店も出てきました。

この様なショコラティエの世界を表した「Bean to bar」 のフェーヴも登場したほどです。

https://www.lesabeilles-minamiaoyama.jp/product/?id=1596868860-611134&ca=9

パリのショコラ
Bean to bar 10ピース

そして、その中のひとつがこちら。

パリのショコラ
ショコラの形をしたフェーヴ(ガレットデロワというお菓子に隠す磁器製飾り)chocolat

今日は、Chocolat chaud ショコラ・ショの話を少し。

パリのショコラ
濃厚な液状のチョコレートのような飲み物

日本では、原料のことをCacao カカオ、粉にした飲み物のことをココア、固まったものをチョコレート=ショコラと呼び分けて使うことが多いですよね。この日本の呼び分けのままに直訳して会話をするとおかしくなることがあります。というのは、

フランスでは、液体(ドリンク)でも固まっていても全て「Chocolat ショコラ」という呼称で統一されているからです。

パリのショコラ

フランスでChocolat chaudショコラ・ショを頼むときは「のみもの」という感覚よりは、ケーキを1つ頼むくらいの気持ちで注文することをお勧めします。

 

 

パリのショコラ

ジャックジュナン氏の店ではカップに注がれてサービスされてきましたが、大半のカフェではチョコレートとミルクとシャンティークリームがそれぞれ用意されます。これを自分好みの味に混ぜて溶かしながら頂くのがフランス流。

ショコラ・ショという飲み物は、スプーンでかき混ぜる時間も愉しみ♪

 

 

パリのショコラ

次回Table d’hôteでは、この体験を愉しんで頂けるように計画中です!お楽しみに♪

パリのショコラ