Blogizumiブログ

2020/09/25
食べもの

アニスANISキャンディーとセーヴSEVEキャンディー

Bonjour ! すっかり涼しくなり、秋を感じられる季節になりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。寒い冬は苦手な方ですが、甘いものが美味しく感じられる季節がやってくることはウキウキします。フランスからヌガーも到着して店舗に並べるところです。

2020年は色々ありますが、お陰様で 98日より「レザベイユ南青山」は8年目に突入しました。「8・ハチ・八」と、なんだか縁起は良さそうな年まわり。元気に過ごしていきたいと思います。

さて、今日はフランスから届いたキャンディーのこと

アニスANISキャンディーとセーヴSEVEキャンディー

ハチミツに関わるものを長く扱っていると友人たちがハチミツに関わるものを見つけたときに私を思い出してくれるようでプレゼントしてもらえることがあります。ハチミツ=izumi ・フランス菓子=izumi の図式で思い出してもらえると、それだけでも嬉しいものです。

私の8月は、調べ物が多くて疲れ気味でした。そんなところにパリから届いた贈り物。優しさにじ~んとしながらブログへ嬉しさを書き留めることにしました。

素敵なパッケージ。缶を開ける前からフランスの香りが漂ってきます。

アニスANISキャンディーとセーヴSEVEキャンディー

手前の楕円形の缶は「ANISアニスのキャンディー」。すこしスッとする特徴があります。特に南仏の方で親しまれている香料。

真珠のように美しい白色。まあるく小さな形が印象的。ご存知の方も多いと思いますがフランス人たちに永く愛されている伝統菓子のひとつです。缶の縁に印字されているL’ABBAYE は「大修道院」という意味。FLAVIGNYの大修道院で作られているANISキャンディーということです。

ハチミツ関係の仕事をしていますが、伝統菓子が好きなことを良く知っている友人からの贈り物。有難くスタッフたちとフランス伝統の味を試食したあとは、フランス語の同クラスのマダムやムッシューたちにもお裾分けしました。

そして、もう一つのキャンディーがこちら

 

アニスANISキャンディーとセーヴSEVEキャンディー

缶にはSève de pinの文字。この意味は「松の樹液」。これまた特徴的な形。葉っぱかな?私にはミツバチにも見えました。LA VOSGIENNEVOSGE ヴォージュ地方のキャンディー。

少し話がそれますが、ハチミツの中にも花の蜜ではなくsève樹液 が蜜源のものがあります。例えば「PIN パン=松の木」や「SAPINサパン=モミの木」がそうです。私の中では“ミツバチ達が材料に使うことに何か理由があるのではないだろうかと勝手な想像をしていることもあって、興味深いキャンディーです。

辞書でSève を調べると樹液以外にも「精気・活力・気力」の意味も書いてあって興味深々!

実は、ミツバチが作り出す自然の抗生物質ともいわれる特殊な物質に「Propolisプロポリス」というものがあるのですが、この物質を作り出すためにミツバチが使う原料がsève セーヴ。これって何か意味がありそうな気がしませんか。

それに言葉の意味や成り立ちには何かしらの由来があることが多いので「何かありそうだな~」と未知の物質へのロマンを膨らませています。とにかく身体に良さそうなキャンディー。

今からの季節は「ヌガー」「レザベイユ・ショコラ」と冬の楽しみがやってきます!上質なプロポリス石鹸も揃いました。

季節の変わり目、気持ちと身体の健康管理をバッチリしながら大いに季節を楽しみましょう♪

Bonne week-end !