Blogizumiブログ

2019/08/07

女王バチがいた朝

Bonjour ! 今日は真夏日。

11時オープン時間には、すっかり太陽が昇っています。暑いですけど、朝はエントランスの掃除からスタート。

トップの写真は6月に店内に飾った「赤すぐり」。透明感がある実が涼しげでスタッフにも評判でした。一週間ほど飾った後、水換えをしようとしたら枝の途中から根が出てきているのを発見。根付くかわかりませんが植え込みに挿してみました。どうなるでしょうね。

店舗の入口の植え込み。そんまま挿して1か月ほど過ぎましたが、葉の色は緑をキープしています。今のところ、無事に根付いているようです。

女王バチがいた朝

6月には緑色だった葡萄の実。以下は6月26日撮影。

女王バチがいた朝

そして、今日は8月7日。上の写真からは一か月ほど経ちました。

女王バチがいた朝

苗は6年前のオープン時に植えたもの。肥料のおかげか実が大きくなってきました。まだ紫色にはなりきっていないので、食べ頃は少し先でしょうか。意外に色づくには時間がかかるようです。だけど、手入れをすると自然はこたえてくれるから嬉しい。

女王バチがいた朝

日差しが強い中、空を見上げてみました。センペルセコイヤの木の上部にはクレマチスが満開です。写真は今朝。毎年、花の位置が高すぎて顔を上げないと見えません。だけど、それがいいのかも~とも思います。毎年たくさん咲いてくれています。

今日のブログに書き留めたかったのは、花のこと以外にもうひとつ。実は、掃除をしていたら「女王バチ」の死骸を見つけました。初めてのこと。よ~く見ましたけど、働きバチのサイズではなく、色も大きさも「女王バチ」でした。

まだ綺麗な死骸で…。放っていたら、きっと他の虫のエサになったでしょう。ハチミツを販売していることもあり、そんな姿は見たくない。枯れ葉と一緒に片付けるには不憫だったので、少し考えて「赤すぐり」の横にそっと埋めました。

ここのビルの屋上では、ミツバチを飼っていません。何かのご縁かな~。

Bonne journée !

女王バチがいた朝
女王バチがいた朝