Blogizumiブログ

2019/08/19
食べもの
お菓子
コラム

パリで製菓道具を買いに行く

Bonjour ! こちらはパリの製菓道具専門店MORA(モラ)。パリでシェフ(パティシエ・ブーランジェ)のアテンドをさせて頂いていた頃、道具を買いに訪れることが多かった場所。そして、いつも変わらず混雑している店です。

フェランディ製菓専門学校へ通っていた頃は、自分用に道具を見に来ることもありました。私のお気に入りは商品以外にもう一つあります。それは、とても忙しい店内に響く元気な(私の中では名物⁈)マダム。彼女が大きな声を張り上げながら皆に指示をしてテキパキとして仕事をこなす様子。この緊張感が大好きで。彼女に会うために立ち寄ることもしばしば。なんだか元気がもらえます~。

この辺りは道具専門店が軒を連ねているエリア。料理やお菓子つくり、道具好きには楽しくてたまらない通りです。その中でも製菓器具の品揃えはきっとMORA(モラ)が一番でしょう。5月の日曜日は、ビスケット型を買いたくて立ち寄りました。

MORA(モラ)と同じ通りですが少し先の角地にあるのがLA BOVIDA(ラ・ヴォヴィダ)。ここでは料理関係のものが豊富。ワインの栓止めなどはここで買えます。

パリで製菓道具を買いに行く

可愛いお金の受け皿。気になったので、撮影させて頂きました。そして、今日は、このお店の前の通りを渡ったところにあるSIMON(シモン)へ向かいます。

パリで製菓道具を買いに行く

SIMON(シモン)へ向かうときに左側に見えるのがこちらのお店。今は洋服の店になっていますが、昔は食器やカトラリーを売っていた大きな問屋でした。名残として看板がそのままDEPOT CERAMIQUEと書いてあります。

実は個人的に思い出のある店。私がパリに来たのは99年。結婚前の親友が新居で使う食器を選びたいとパリへきました。神戸学生時代からの大親友。料理もお菓子つくりも上手な彼女とそのお母様から、私は沢山の刺激を受けました。

当時からパリにも詳しかった彼女がリクエストした店がこちらで、店内に豊富に並んだナイフやフォークから時間をかけて1シリーズを選びました。そして「決めた!izumi これにする!」

やっと決まったね~とレジへ行くと「1セット=12本」販売と言われてションボリ。「izumi…..半分どう?」「え?いくらするの?・・・」…かなり高価。

お嫁に行く予定がない上に、出費ばかりの留学序盤。どうにも負担で悩んだけど「親友へのお祝い」として快諾(一応)。ということで、彼女とお揃いのカトラリーが最初の大きな買物になりました。

その後、この半分のカトラリーは何年も寝かしました。ですが、今はその時の食器をちゃんと使っています。今となっては、この時の買物をしたお店が無くなってしまって残念。唯一こちらの看板だけが思い出を残してくれています。懐かしい~。

そして、緑の店構えは SIMON(シモン)

パリで製菓道具を買いに行く

この日、私はレザベイユ南青山で使う食器を買いたくて訪れていました。色々見ていると、店の男性が近づいてきて「僕、君のこと覚えているよ。MORA(モラ)で長年働いていたから」と声をかけてくれました。大柄なムッシュー。

「あっ!懐かしい~」「覚えていてくれてありがとう~MERCI!」。月日が経って、ムッシューはSIMONの偉いポジションになっていました。MORA(モラ)で働いていた当時のことやMORA(モラ)のマダムの話など、懐かしさを愉しめました。

ここ数年、日本にいる時間が長くなると「ほんとにパリに住んでいたのかな」なんて思ってしまうことも実はあります。やっぱり私は日本人。それでも、パリに行くと皆はいつもと変わらない様子で受け入れてくれます。それはマダムや友人だけではなく、見慣れた場所や街やカフェなどが変わらないのがいいところ。

この日はムッシューのお陰で、パリに私の居場所が残っているように思えて、特別に幸せな気持ちになれました。帰りには再会記念の撮影も。そして、アイス用カップ、グラス、カヌレ銅型などを買わせて頂きました。SIMON(シモン)は食器が豊富。

パリで製菓道具を買いに行く

いずれも歴史のある老舗。A bientôt !

パリで製菓道具を買いに行く