Blogizumiブログ

2018/12/06

クリスマスの準備

Bonjour ! もう12月。

クリスマス準備は何かされていますか。写真はアルザス地方の中心都市 Strasbourgストラスブールにあるビスケット専門店のウィンドーで売られていたシュトレン。クリスマス時期の定番お菓子。

12月は忘年会シーズンですね。私の仕事場では、クリスマス会&慰労会としてスタッフと簡単な食事会を行います。そこで食べるお菓子としてシュトレンを用意することにしました。打合せも兼ねて、須藤シェフのお店「ブーランジュリースドウ」へ行ってきました。

須藤シェフとは、独立前からのお付き合い。毎年フェーヴのご注文頂いております。会話の中で「シュトレンの美味しさをキープするための一番良い保存方法について」が話題になりました。なぜなら、この日に購入したものを食べるのは12月22日。保存方法は、冷凍がオススメ!

 

焼成済みのお菓子(粉物)を冷蔵すると美味しくなくなる=不味くなる。商品が悪くなるというのではなく、味を損ねる意味です。一番良いのは「冷凍保存」。召し上るときに自然解凍。常温だと部屋のどこに置くのか(暖房器具の近く)などで話が違ってきますから心配があります。冷凍がベスト! 今回は迷わず冷凍。22日のお披露目を楽しみに。”パンや焼き菓子は、冷凍保存しよう!”

クリスマスの準備
クリスマスの準備
クグロフKouglof は素敵な形が魅力的。写真はアルザスのホテル朝食。クリスマス時期のお菓子。

クリスマスから並び始める Galette des Rois ガレットデロワ。生地の中にfèveフェーヴ(磁器製の飾り)を隠しておいて、引き当てた人が王様になれる遊び心のある特別なお菓子。手前に並んでるパンデピスの人形をモチーフにしたフェーヴが、この時に中に使われていたシリーズです。

フランスでは、1月に何度も食べながらシリーズを集めて楽しむものなので、中に入れてあるシリーズをウィンドーに並べて見せておきます。”どれが出てくるかな。これがいいな” と愉しむのです。

このお菓子が日本にも広まって欲しくて、フェーヴやガレットデロワをレザベイユ南青山で販売しています。ワークショップの一回目のテーマに選んだのもその理由から。

クリスマスの準備

最初、2回目ワークショップのテーマにクリスマスを考えて準備していたのですが、来年まで持ち越しました。過ごし方、菓子、料理や歴史など、盛り沢山なので時間がかかりそうです。

クリスマスの準備

クリスマス時期の教会には「キリスト生誕場面を再現した群像=クレーシュ」が置かれます。写真は、第一回目のワークショップ Table d’hoteの中でご覧いただいた資料からの一枚。ご覧いただいた方もいらっしゃるでしょうか。クリスマスの1か月前あたりから、このように飾られます。マリア、預言者、天使などが置かれ、馬小屋もあります。でも、その馬小屋の中にキリストは置かれていません。25日のミサの時に、お生まれになったキリストが馬小屋の中に置かれて完成します。これがクリスマス。

*パリでクリスマスミサにマダムと参加したことがありました。その時のことは次回に。

クリスマスの準備

今日は少し静かな感じの写真で終えてみました。Bonne journée !

クリスマスの準備
Share