Blogizumiブログ

2020/01/09
フランス文化

新年のお楽しみ「ガレット・デ・ロワ」♪

Bonne année ! 本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今日の写真は「Galette des Rois(ガレット・デ・ロワ)」というフランス菓子がモチーフの磁器製の飾り。こちらは通称「fève(フェーヴ)」と呼ばれます。

フランス語でfèveとはソラマメの意味。なぜ、磁器飾りをソラマメと呼ぶのか。

fèveフェーヴは、お菓子の生地の中へ隠して使われるものです。写真の様に精巧で美しいものが作られるようになってからは、フェーヴのコレクターもいます。フランス語には、コレクターを意味する単語:fabophiles(ファボォフィル)も存在しています。

今では磁器製が主流ですが、その昔は本物のソラ豆を隠していたのが始まりでした。このことから磁器製であっても変わらずに「ソラマメ」呼び続けられています。

その歴史はローマ時代に遡りまして大変興味深い話がありますが、またの機会にするとしまして今日は精巧なフェーヴをご紹介へ。さて、

99年にパリでホームステイ生活をスタートして、毎年1月にファミリーや友人、オフィスで皆と分け合って楽しく食べる習慣を共にしていました。その中で「生活の中で、最も大切にしたいお菓子と習慣」だと感じた特別なものです。

この魅力は「fève(フェーヴ)」にあります!

遊び心のある特別なお菓子ガレットデロワを「フェーヴと共に」伝えていきたい!

こうしてフェーヴ専門製造会社と仕事をするようになって20年が経ちました。それでもフェーヴの魅力を十分には伝えきれていないと感じています。

上の写真は「ワインの製造工程を表現したシリーズ」。葡萄、収穫、搾汁、瓶詰と、ワインが出来上がるまでの様々な工程や道具。一つずつのフェーヴにはフランス語の文字も入っています。1シリーズを並べると、これだけもワインの魅力やフランス文化を知ることができる面白さがあります。

新年のお楽しみ「ガレット・デ・ロワ」♪

今までは「ガレット・デ・ロワ」というお菓子を知って頂くために、このお菓子を販売されるシェフ(プロ向け)へフェーヴを卸販売メインにして各シェフの「ガレットデロワ」と共にフェーヴをお届けして参りました。

ガレットデロワに入れるフェーヴは1つだけです。そして、日本ではフランスみたいに何度も食べてフェーヴを集める習慣は(未だ)ありません。だから1シリーズ揃うことは殆どありませんよね。

このフェーヴは「コレクションする魅力」も持ち合わせています。

何故なら、1シリーズ揃って初めてわかるテーマがあるからです。

新年のお楽しみ「ガレット・デ・ロワ」♪

フェーヴ専門会社にはフェーヴ専門のデザイナーがいます。そして1つのテーマを8個~12個などで構成しています。この構成数はテーマごとに様々。1セット揃って初めて意味があるものもあるので、今年こそ、しっかりご紹介いたします。

フランス産の天然ハチミツやフランス製プロポリス商品はもとより、フェーヴ専門会社と共に歩んできた20年も活かしながら、その魅力をもっとご紹介していきたい。そんな思いで迎えた2020年です。オンラインショップも楽しみにして頂けますと幸い。

新年のお楽しみ「ガレット・デ・ロワ」♪

「ガレットデロワの魅力」

「フェーヴの魅力」

「ハチミツやプロポリス、フランス文化の魅力」

ご一緒に愉しんで頂きながら応援して頂けますと幸せです。2020年、スタッフ一同、しっかり取り組んで参りたいと思います。宜しくお願いします。

素敵な年になりますように。Bonne fête a tous ! 

http://www.laruche.co.jp

新年のお楽しみ「ガレット・デ・ロワ」♪