Blogizumiブログ

2020/05/08
食べもの
はちみつ
コラム

ハチミツの加熱と非加熱について

Bonjour ! ハチミツの加熱と非加熱についての話です。

レザベイユ南青山では「ミツバチが作ったまま」にこだわって「極力、人の手を加えずに自然界のままのハチミツ」をモットーにハチミツを扱っております。このことから、巣箱から瓶詰までの作業工程において過度な熱処理は行っておりません。

でも、非加熱であるという表示はありません。それは、以下の理由からです。

加熱について

低温であっても温めることは「加熱」といえます。当然、必要なとき以外は行いませんが冬場に結晶が進んでしまった場合など、充填時に必要に応じて低温で温めることはあります。ここでは自然界の温度範囲(50℃以下)にて温度管理をしています。

ハチミツの加熱と非加熱について

湯煎による加熱

*結晶したハチミツを使いやすく流動的にしたい場合には「湯煎にかけて加熱すること」をお勧めしています。(*結晶の説明は長くなるのでここでは書きません)

夏場の炎天下にある巣箱の中の温度は45℃程度まであがることもあって「自然界の温度の範囲で温めを繰り返すことは品質には影響しない」と教わったことを皆さまへお伝えしています。

加熱による栄養素の破壊を気にされる方もいらっしゃいます。確かに70℃を超えると壊れるタンパク質もあるので間違えではありません。けれども、全ての栄養が無くなるわけではありません。破壊される栄養素について調べてみると「他の野菜をかじる程度で補える程度のことだからハチミツの過熱は気にし過ぎなくていい」と栄養士の方がネット上で説明されている文章もありました。

ハチミツの加熱と非加熱について

せっかくミツバチが完成させた食べ物を私たちは分けて頂いていますから、なるべく手を加えずに頂きたいものです。そう考えて、私たちもハチミツを扱っております。

けれど、もし誤って温めすぎた場合でも、貴重なハチミツには変わりありませんから最後まで大事に召し上がって頂きたい。

料理やお菓子に使っても、ハチミツは力を発揮してくれます。

   

 

ハチミツの加熱と非加熱について