Blogizumiブログ

2022/04/30
食べもの
フランス文化

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき

Bonjour !

マダムと暮らしたフランスでの日々(コチラの記事は、みんなの暮らしへの連載掲載が終了しましたので(2019/10~2021/03)編集の上再投稿をしたものです。続けて18回分の全内容を掲載予定です)

 

ここでは、【パリジャンの朝食 ~平日編~】(2022/04/19) のつづき

この前は、平日は「パンと飲み物だけのシンプルな朝食!」という話をしました。

 

・「飲み物の定番」は、Café au lait カフェ・オ・レ」

・「パンの定番」は、Baguette バゲット」

ここでは、こちらの内容に書き加えておきたい「食べ方」と「器」のことについて少し。

 

 

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
Café au lait カフェ・オ・レ

コーヒーやショコラ・ショの人もいますが、大多数のフランス人の朝は「Café au lait」を定番としている人が一番多くて、このことは、こんなパンの食べ方にもつながりがあるようです。

「パンをカフェ・オ・レの中にドボン」

 

“あぁ、見たことがある!” そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。フランスでは「パンをCafé au laitに浸して食べる」ことがあります。誰もがするというわけではありませんが、習慣としてある食べ方のようです。 

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
平日の朝食

「パンを飲み物に浸して食べること」

私にとっては、新鮮なパンの食べ方。身についていないから、頭にも浮かんでこない発想。

 

普段は思いつかない食べ方だけれど、カフェで見かけると「あぁ、おいしそう!」と真似したくなります。 だけれど、マグカップだと飲み物が溢れてしまう。

 

フランス語で「Bol ボル」という広口の器。この器だからこそのお愉しみ♪ 

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
Bol ボル

フランス家庭に必ずある食器の一つ。

 

写真のものはSTAUB (ストウブ製:フランスの食器メーカー)のBol。店舗「レザベイユ南青山」のカフェでも使用しています。素敵だから自宅用にも購入しました。シリアルも入れやすくて便利。

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
フランスならアパルトマンの食器にも常備されている定番アイテム

話しが少し変わりますが、

ビスケットの由来について調べたときの資料に「ビスケットは船乗りの食べもの」として作られていた歴史があって、長い航海中の保存食として役立てられてきました。そして、その硬くなったビスケットやパンを水に浸して食べることがあったようです。

 

こうした知恵から発展をして、コーヒーやミルクに浸す食べ方が自然と習慣となって定着してきたのでしょう。 

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
アンティーク市にて

パリのカフェに入れば、ビスコッティやビスケット、クロワッサンなどをミルクやCafé au laitに浸して食べる様子を見かけることがあります。 朝、カフェに入ることがあったらフランス人たちを観察してみてください。きっと、こうしたパンの食べ方をしている姿を見つけられるかも知れません。  

 

この食べ方を日本食に置き換えて考えてみたら「お茶漬けに似た感覚かな」!? そんなイメージが頭に浮かびました。固いご飯を食べやすくすることが、パンの国の場合はこうなったのかな。同じ発想だったりして。

こうして、固くなったパンを美味しく食べようしたものをpain perduパン・ペルデュといいます。直訳したら「失ったパン」。Pain perdu フレンチトーストなどへと発展したのでしょう。  

   pain perdu についてはコチラ →  【フレンチトーストの発祥はアメリカ?フランス?】(2019/11/04)

 

 

私たちも、パリジャン、パリジェンヌになりきって真似してみるのもいいものですよ。同じものでも「普段と違う食べ方」や「違う器で飲む」これだけで新鮮でたのしい♪  

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき

“ 知っているけど実際にはやったことがない ” 

そんな皆さんが多いので「飲み物に浸して食べる」という食べ方をTABLE D’HÔTE 第6回「フランス人の朝食」ではバゲットやクロワッサン、TABLE D’HÔTE 第5回『フランスのおやつ時間~いろんな形のビスケット~』ではビスケットを用いて実体験して頂きました。  習慣になっていないと簡単なことでも思い浮かばないものです。

 

みなさん初めての実体験だったようで、想像以上に楽しく盛り上がりました♪

 

  → 開催レポート TABLE D’HÔTE 第5回『フランスのおやつ時間~いろんな形のビスケット~』より

    開催レポート TABLE D’HÔTE 第6回「フランス人の朝食」より

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
クロワッサンやブリオシュは「週末のお楽しみパン♪」

 

日常でも楽しめるフランススタイルのひとつ。少し違った朝食を愉しんでみてはいかがでしょうか。ぜひ、やってみてください♪ 

 

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
「特別な日の朝食パン」

 

「クロワッサン」は、フランス人のお楽しみ♪ バターたっぷりのパンは、フランス人にとっても贅沢なもの。カロリーが高いことも知っています。だから毎日ではなく、週末や誰かが家に来るときに準備する特別パン。

 

さぁて、いよいよ次回は「クロワッサンのこと」(後日リンク)。どうぞ楽しみに♪

Bonne journée à tous(よい1日を)!

 

パリジャンの朝食 ~平日編~つづき
Share