Blogizumiブログ

2022/05/09
食べもの
フランス文化
コラム

パリジャンの朝食 ~週末編~

Bonjour !

今回は、マダムとのパリ暮らしの中から「パリジャンの朝食」のおはなしです。 

※コチラは「マダムと暮らしたフランスでの日々」みんなの暮らしオンライン連載掲載が終了しましたので(2019/10~2021/03)再編集の上、投稿したものです)。お愉しみ頂けると幸い。

 

前回は、パリジャンの朝食 ~平日編~  にて、平日はバゲットなどで簡単な朝食。

「平日にクロワッサンは殆ど食べない」という話をしました。

 

マダムの家でもそうでしたが、ブルターニュ出身の友人Lenaレナに訊いても、日本で暮らすフランス人のPhilippe、語学のLETT先生にも聞いても「平日にクロワッサンは殆ど食べない」といいます。

では、クロワッサンはいつ食べるのでしょうか……?

 

バゲットも美味しいけど、やっぱりクロワッサンを食べたい! 前回は「クロワッサンはいつ食べるの?」というところで終わったので、つづきから。 

パリジャンの朝食 ~週末編~
Croissant クロワソン

皆さんは、フランスの朝食はクロワッサンというイメージはありませんか。私はクロワッサンが定番だろうと思って渡仏していたから、想像と違った発見のひとつでした。

 

 

先に紹介したようにフランスの朝食は、クロワッサンではなく「Baguette バゲット」が主流。

※Croissant 「R」の発音がちょっと難しい。フランス語の「R」は英語みたいに舌を巻いた発音をせずに、ハーと息を出す感じ。読み方を書くと「クロワソン」となるけれど、音としては「コワソン」がちかい。

 

 

「Croissant クロワッサンはいつ食べるのか」 

 フランス人のお楽しみ♪ 

クロワッサンは「特別な日の朝食パン」♪

 

平日からクロワッサンを食べることがないから、キッチンに常備してあるのは「Baguette バゲット」か「 Pain de Campagne パンドカンパーニュ」。

 

バターたっぷりのパンは、フランス人にとっても贅沢パン。毎朝のパンというわけではなくて、週末の朝や誰かが家に来るときに準備する特別なパン。私は、日曜日の朝のお愉しみ。料理のお供にはバゲットだからね。

パリジャンの朝食 ~週末編~
キッチンにあるバゲット

 

フランス人たちもクロワッサンは大好き♡ だけど、彼らは「バターがたっぷり使用してあるパン」ということもよく知っています。

 

ホテル滞在だと、朝食に美味しいクロワッサンが用意されていることが多いから家庭の朝食もクロワッサンなのかなと思ってしまいそうです。

 

パリでアテンド(日本から視察に来れられるプロ職の方のご案内)をさせて頂くときに「やっぱり朝はクロワッサンなの?」と質問されることが多かったように思います。

 

パリジャンの朝食 ~週末編~
平日はこんな感じ

先の投稿でご紹介したように「平日の朝食はバゲット」です。けれども、私は「平日でもクロワッサンが食べたい!」と思って帰り道に自分用に買ってくることも。

 

ちょっと多めに買ってパンかごに入れておくと、当時13歳だった息子が学校から帰ってきて「izumi、食べていいの?」Oui ! ウィ いいよ!と、小腹が空いたときのおやつに。

 

クロワッサンと同じようなバターたっぷりな生地で作られるパンの種類には「Pain au Chocolat パン・オ・ショコラ」もあります。こちらも人気定番のパン。

 

このような甘い生地のパン(菓子パン)のことを総称して「Vienoiserie ヴィエノワズリー 」といいます。クロワッサンもその中のひとつです。

パリジャンの朝食 ~週末編~
Vienoiserie ヴィエノワズリー(手前2つがクロワッサン、奥にパン・オ・ショコラ)

そういえば、

平日のある日、私がキッチンに座ってクロワッサンを食べていると「izumi、今日はお休みなの?」とマダムに訊かれたこともありました。「違うよ。今日は午後から」

 

 

平日は「バゲット」、週末は「クロワッサン」

簡単にサッサっと食べる「平日スタイル」、ゆっくり朝食を食べる「休日スタイル」

そんなイメージがフランスにはあるのかもしれません。

パリジャンの朝食 ~週末編~
クロワッサンにハチミツを塗っていただく。私の日曜日

週末の朝

 

広い空の色が刻々と変化する様子がとにかく美しい。この様子を眺めたくて早起きをするマダムと生活するアパルトマンの暮らし。今も昔も一番のお気に入りの場所がキッチン。

 

パリで過ごす日々は、毎朝このキッチンから始まります。これは平日も週末も同じ。

 

キッチンにはラジオが置いてあって、ニュースを聞きながら朝食の準備をするのが平日。聞き取れなくてもニュースが流れている雰囲気だけで緊張感が漂います。だけど、週末は静かに。早朝のラジオはオフのまま。

 

パリジャンの朝食 ~週末編~
窓から聞こえてくる街の音も少なめ

クロワッサンは、日本でもお馴染みのパンになりましたが、本場で食べるとまた違った味に感じられます。

 

 

バターや小麦粉の違いなのか、気候によるものなのか…本場のクロワッサンは感動するほど美味!個人的には、パリッパリで表面がわれて崩れるものよりも、少しシットリした生地で塩味がほのかに感じられるものが好き。写真のヴィエノワズリーは好みの食感のもので、ポロポロとこぼれ落ちません。

 

 

ぜひ、機会があれば滞在先の所くにあるパン屋で「Baguette 」も「Croissant」も購入して食べてみてください♪有名店に出かけなくても、十分おいしい!

 

 

パリジャンの朝食 ~週末編~
ゆっくりした週末には、ゆで卵を作ることも

今回は「パリジャンの朝食」と題して「バゲット」と「クロワッサン」について触れたときに、平日編と週末編としたのですが、週末といっても「土曜日」と「日曜日」には、その過ごし方に大きな違いがあるので、機会をみつけて取り上げたいと思います。

 

・土曜日は早起きをしてマルシェ(朝市)へ

・日曜日はゆっくりと静かに過ごす休日

マダムと過ごした「幸せなパリ時間」よりフランス生活のことをご紹介をさせて頂きます。

 

ご拝読くださり、有難うございました。Merci 

 

パリジャンの朝食 ~週末編~
ランチをゆっくりと楽しむ週末の食卓

私は、フランス語やフランス人の生活を教わったことで心と人生が豊かになりました。もともと食べ物を愉しむことが大好きで、フランスの豊かな食文化は奥が深く、何年住んでも飽きることなく、話しも尽きません。

店舗『レザベイユ南青山』では「フランス産ハチミツ」や「プロポリス商品」をメインにしながら、フランス伝統菓子「ガレットデロワ」「ショコラ」「アイス」なども豊富に揃えています。裏道にある小さなお店ですが、心からオススメしたい商品に厳選して取り揃えています。

ぜひ、気軽に店舗へ遊びに来てください。季節に合わせた商品やエントランスの植物もお楽しみの一つですし、フランスのスライドやビデオを使って文化や生活をご紹介するワークショップ『ターブルドット』も開催しています。

 

店内のカフェで過ごすことやプレゼントを選ぶ時間、拘りあるフランス商品と合わせてブログも愉しんで頂けると嬉しいです。

Bonne journée à tous(よい1日を)!

 

 

パリジャンの朝食 ~週末編~
季節感を感じられる食卓はマルシェのおかげ

 

 

パリジャンの朝食 ~週末編~
Share