Column商品コラム

2022/04/09
お菓子
コラム

フランスの地方菓子【Guimauve ギモーヴ】とは

Bonjour ! 

 

ここでは【Guimauveギモーヴ】と呼ばれているフランス菓子についてのおはなし。

◎Guimauveギモーヴ(フランス製)新商品として準備中 (2022年9月頃からの予定)です。このことから投稿箇所を【izumi blog】 から【商品コラム】へ移動しました。

 

みなさんは、Guimauve(ギモーヴ)はご存知ですか。フランスでは、マシュマロのことをGuimauveギモーヴというのですが、マシュマロとギモーヴでは呼び方が似ていないし、その食感、味、香りについても何となく違う印象があったので「同じお菓子の理解でいいのかな」と気になっていました。

 

 

少し前にフランスから取り寄せたサンプル品「Guimauve(ギモーヴ)」をキッカケにして、その発祥やルーツ、原材料について詳しく調べることにしました。さて、

 

フランスの地方菓子【Guimauve ギモーヴ】とは

 

Guimauve(ギモーヴ)とは、

 

Guimauveとはマシュマロ(Marshmallow)のこと。煮詰めた砂糖にゼラチンや固く泡立てた卵白などを加えてつくるお菓子です。

 

フランスの地方菓子【Guimauve ギモーヴ】とは

 

名前の由来は、植物の名 Guimauve。

 

フランス語 Guimauve ギモーヴ とは、「アオイ科の植物」ウスベニタチアオイ(薄紅立葵)のこと。

この植物の英語名が、Marshmallow マーシュマロウ です。

 

 

フランス語「Guimauveギモーヴ」=英語「Marshmallow マーシュ・マロウ」

つまり、「ギモーヴ」も「マシュマロ」も、同じ植物を指す名前が由来となっているお菓子です。

フランスの地方菓子【Guimauve ギモーヴ】とは
植物 ウスベニタチアオイ 「フランス語:Guimauve」「英語:Marshmallow」 (写真:Shutterstockより)

 

この植物 Guimauve には、喉や胃の炎症を抑える薬効があるといわれていて、古代エジプトでは、植物 Guimauveの根をすり潰して、その樹液(エキス)とはちみつを混ぜたキャンディーのようなものを作って胃腸薬や咳止めとしていたそうです。

 

 

フランスの地方菓子【Guimauve ギモーヴ】とは
はちみつ&ハーブのキャンディーは色々あります

 

その飴のような食べ物が起源となって、今のようなお菓子に発展したと言われています。

 

ふわふわしているフランス菓子【Guimauve (ギモーヴ)】は、煮詰めた砂糖にゼラチンや固く泡立てた卵白などを加えてつくるお菓子です。19世紀にフランスやドイツで作られるようになりました。

 

そして、19世紀の後半からは、植物(Guimauve)の根にある粘液の代わりに、卵白やゼラチンを使うようになり、ふわふわしたお菓子として広まったそうです。

 

フランスの地方菓子【Guimauve ギモーヴ】とは

 

 

フランス Toulouse トゥールーズ地方では「卵白を使っていない」ことを特徴にしているGuimauve ギモーヴもあるようです。同じように【Guimauve(ギモーヴ)】と呼ばれていても、材料のちょっとした違いや作り手の製法によって違うがあるようです。 

コチラもご覧ください → Guimauve ギモーヴはマシュマロのこと?

 

今回【Guimauve(ギモーヴ)】の発祥やルーツを調べていて、偶然にも「ハチミツ」と「薬草」が関係しているフランス菓子だと知りました。偶然にも「ハチミツ&ハーブのキャンディー」をプレゼントとして準備中です。今後の「お知らせ」も楽しみに♪

 

 

 

 

 

Share