Column商品コラム

2022/03/30
商品紹介
プロポリス
コラム

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?

 

Bonjour!

気になるタイトルの内容については、プロポリスのことを少しおさらいしてからご紹介させていただきます。

まずは

 

 

プロポリスの成分」のこと

プロポリスとは、樹脂、ゴム、そして香油を含む物質の集合体で、ハチミツや花粉のものと比べると、より多くの成分から構成されています。ネバネバしている茶色のものです。…

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?
プロポリス(プロポリス研究所のAPIMAB社より提供)

プロポリスの中には

・樹脂(ヤニ)

・芳香性樹脂

・エッセンシャルオイル

・ミツロウ

・花粉

が豊富に含まれています。

 

 

製造者は「みつばち」

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?

プロポリスを創り出しているのはハチミツと同じく「ミツバチ」たち

 

ミツバチは、オーク、ポプラ・白樺・柳・マロニエなどの芽や樹皮、毬果植物(モミや松)といった樹脂植物を採取して、ネバネバした樹脂のような物質を作ります。

 

 

ミツバチが作り出す釉薬、殺菌性ニス、抗酸化性物質、抗生物質の一種といわれています。

この 【プロポリスに期待する効果は】

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?
Apimab社より提供画像

 

殺菌、麻酔・組織の再生作用を活かして「疲労回復」「免疫力アップ」「滋養強壮」

と一般にいわれています。

 

 

そして、今回のタイトルにした「色々」とは。いったい何の違いなのでしょうか。

プロポリスにも色々ある?!】

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?
Apimab社より提供画像

 

今から10年以上前になりますが、フランス製プロポリス商品を取り扱うにあたって、勉強するために食品業界の展示会へ出かけてプロポリスを食べてみることにしました。

 

 

その時に、日本に流通しているプロポリスはブラジル産ばかりであることを知りました。そして、会場で「どうしてブラジル産なんですか」と質問してみたたところ、昔から日本とブラジルの交流が盛んだったことがきっかけになっているとブースの方から説明を受けました(今と当時は違うかも知れませんが)。

 

 

そして、会場にあったブラジル産のプロポリスを試食をさせて頂いたのですが・・・

わっ!と、つい目を丸くしてしまうほどに強い刺激!え?!こんな感じのものなの?

 

 

プロポリスの飴だったり、スポイド容器だったり、見た目はフランスで見たものを似ていましたけど、食べてみて驚きました!口に入れていられないほど強い刺激(ピリピリ痛みがある)もあって…。いや~、健康のためとはいえ…私には我慢できない刺激かも。

 

 

「ん…プロポリスって、こんなにピリピリして食べつらい食べ物なの?」

 

 

「どうしよう。。。身体に良いと言われても、自分自身が食べられないものを販売したり、勧めることはできそうにないなぁ」「ハチミツはいいけど、プロポリスは需要あるのかな。取扱いはやめておこうかなぁ」と、とても心配になりました。

 

 

それが、フランス製プロポリス加工食品は 全然ちがった!!

嬉しい驚き!「プロポリスなのに、意外に美味しいじゃないか」

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?
PROPOLIS INTENSE プロポリスエキス(スポイド式)30ml

「あぁ、これなら大丈夫!」「私でも継続して食べられそう♡」

※ ついでに美容品「プロポリス石鹸」も究極にイイ!→ こちらは「私のお気に入り」として後日詳しく取り上げたいと思っています。

 

 

それにしても、同じように「プロポリス」と呼ばれるものなのに、こんなに違いがあるなんて驚き!明らかな違いがあることが気になったので「産地による違いはあるの?」とフランスに質問をしてみました。すると

 

 

『プロポリスが「未知のもの」だから「原産国の違いによって、どちらがいい」とは言えないけれども、産地の違いを区別をして扱っている』というのです。きいたところによると、

 

プロポリスは産地によって違いがある?!

 

ヨーロッパのものは「茶色 marron」と呼ばれる種類だそうです。

 

 

 

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?
PROPOLIS SPRAY BIO Propolis & Menthe プロポリス 口腔スプレー(ミント)20ml  M.P.Bio 2021受賞

 

さらに訊ねてみると、ヨーロッパにおけるプロポリス専門業界では、

なんと

・フランス産「茶色」・ブラジル産「緑」・インド産「赤と、色をつかって区別した呼びかたがあるそうです。いや… 知らなかった!

 

 

このことから、当社の商品は「フランス産のプロポリス」=「茶色」と呼ばれるプロポリスを原料としているプロポリス加工食品と美容品ということになります。

 

 

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?
Apimab社より写真提供

 

正直、プロポリスは「美味しいたべものです」とはいえませんけれど、他国とフランス製品の味を比較すると当社のフランス製プロポリス加工品の方が「優しい味」といえそうです。

 

 

あくまでも、ご愛用中のお客様の声や私自身が試食した上での感想ですので、ご興味を持っていただけた方がいらしたら、ぜひ一度、お試しになってみて頂きたいです。

 

いずれにしましても、ご自身の身体に合うものが見つかるとよいですよね。口に入れる食べ物ですから、その味や刺激がストレスにならない方が健康のためには、きっと良いでしょうから。

 

未知の物質「プロポリス」

今後も、フランス資料をもとにブログ内容を充実させていきます。お楽しみ頂けると幸い。

【プロポリス】プロポリスにも色々ある?
石鹸パッケージの打ち合わせ風景 (2010年)

 

この時に交わした何気ない会話から、プロポリスを色を使って呼び分けていることを知りました。

プロポリスについて詳しいことは、ミツバチたちにきいてみたいものです ♡

Share