Column商品コラム

2021/01/12
商品紹介
お菓子
コラム

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い

Bonjour !

今日は、ガレット・デ・ロワの思い出を少しお話したいと思います。連載「みんなの暮らし」にもガレットデロワを取り上げたのでお楽しみ頂けると嬉しいです。(連載期間が終了しましたので、再編後こちらへ投稿予定)

 

 

レザベイユ南青山でも1月だけ特別にご用意するようにしているお菓子が本日のテーマです。

 

 

「ガレット・デ・ロワ」のことはご存知でしょうか。フェーヴと呼ばれる磁器製の飾りがお菓子の中に隠されていることが特徴のお菓子です。

 

販売については、店舗までお問合せください。

※2021年1月からは【オンライン】からもご注文いただけるようになりました。

ご予約商品【数量限定】ガレット・デ・ロワ 直径18cm  産地直送 ・期間限定受注

ご予約商品【数量限定】ガレット・デ・ロワ・オ・ミエル<フォレ> 産地直送 ・期間限定受注

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い

 

フランスでは学校やオフィス、家族や友人と分けあって食べる機会が何度もあるGalette des Rois ガレット・デ・ロワというお菓子。

 

1月のショーウィンドーはご覧のようにガレット・デ・ロワで一杯になります。

 

 

このことをスタッフに話すと ”本当にそうなんですか?” とスタッフから質問がきました。

「ほら写真をみて」「ガレット・デ・ロワ一色でしょ!」

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
パリの「ガレット・デ・ロワ」はパイ生地が主流。

 

日本ではフランス菓子店パティスリーから広まってきた傾向がありますが、本場フランスでは主食であるパン屋ブーランジェリーが主に販売をします。

 

「ガレット・デ・ロワとは?」については、またの機会に詳しく投稿させていただきます(後日リンク)。

 

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
フランス南部ではブリオッシュ生地のガレットデロワが主流。パリでも見つけられます。

 

ここでは、私が初めて「ガレットデロワ」を知ることになったエピソードです。

 

 

99年のある日、9月に渡仏する予定だった私に向かって、フランス好きの親友N子が言いました。

 

 

izumi ! Chausson aux pommes ショソン・オ・ポムという名前のおいしいパンがあるから、パリに慣れてきたら、必ず食べにいってみてね」と。

 

20001月のある日、「よし、今日こそN子のおすすめパンを買いに行ってみよう」とPoilâneポワラーヌという老舗ブーランジェリーへ出かけることにしました。

 

ここは、アテンド仕事の訪問先としていた名店。

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
8 rue du Cherche-Midi 75006 こちらが本店。2004年当時の外観。

 

入口のドアを開くと “Bonjour!” とレジのマダムに挨拶を交わします。中には大きなカンパーニュのパンが並んでいます。店内に入って壁一面のパン棚に目をやりました。すると、

 

お目当てのパンが見当たりません。あれ? 代表的なパンのはずなのにおかしいな。

 

「マダム、私はショソン・オ・ポムを買いに来たのだけど、売り切れですか」と尋ねると「今はご覧の通りガレット・デ・ロワの季節だから並ばないのよ」とのへんじ。

 

「え~?定番のパンだけど、今は焼かないの?」

 

定番を焼かずともガレットデロワを優先にする時期があるとは考えていなかった。これも「フランスらしい」と思えた出来事。だけど 楽しみだったパンを買えなかったことは残念。ますますショーソンオポムを食べたくなってしまうじゃないか。

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
ステイ先のマダムがお気に入りだったDalloyauダロワイヨ 2002年当時もガレットで賑わっています

 

定番商品をお休みしてまでガレット・デ・ロワを作ることを知って驚かされました。そして、話をよくきいてみると、1月はガレット・デ・ロワで大忙しだから同じ生地を使うパンは焼かないのだとって

 

この当時と今は様子が違うかも知れませんけど、私がパリに暮らしていた時はこんな風でした。

 

ということで、この日はショソン・オ・ポムを買えずじまい。出直すしかなくて「また来きますけど、いつ頃からならありますか?」とマダムに確認してみました。すると、

 

「ガレット・デ・ロワが終わらないと作らないから早くても1月末からよ」と言われて再びビックリ。ええ?、2・3日じゃなく、1月末までの数週間はガレット・デ・ロワがショーケースを占領するというのです。それはだいぶ先だね・・・と会話を交わして店をでました。

 

月末になって、ステイ先17区の辺りではガレット・デ・ロワを見なくなってきていました。「よし、そろそろショソン・オ・ポムも並んでいるだろう」と再びポワラーヌへ。すると、

 

お店ではガレット・デ・ロワの販売がまだ継続中!まさかの空振り2回目!! え~っ!?まだなの??・・・。 

 

こんなことで私は長い間ショソン・オ・ポムを待つことになったので「恐るべしガレット・デ・ロワ人気!」と印象つけられた思い出となりました。

  

せっかく出かけていったので2度目の空振りの日にはガレット・デ・ロワを買いましたよ(笑)。フランスでは、こんな風に縦袋にガサっと入れられることも少なくありません。日本の感覚だとびっくりしてしまうかもね。だけど、ブーランジェリーでは大半がこのタイプ。

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
パン屋では手提げの紙袋。王冠は二つ折り。日本との違いに慣れていないとちょっとビックリしてしまうかな。

 

この時のガレットデロワはステイ先のファミリーとデザートになりました。(伝統的な食べ方を教わった話は後日リンク)

 

このガレットデロワの中からはPoilaneと刻印された指輪形のオリジナルフェーヴが入っていたと記憶しています。

 

実は、私がオリジナルフェーヴの存在を知ったのは、この時ポワラーヌで買ったガレットデロワのおかげです。

 

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
老舗のオリジナルフェーヴ

 

 フランス旅行に行ったことがあっても、1月のガレット・デ・ロワを食べる機会とフェーヴを当てるチャンスがない巡り合えないもの。私にとっては縁の深いお菓子との出会いとなりました。

  

Maison du chocolat メゾンドショコラ、FAUCHONフォション、DALLOUYAOUダロワイヨやLADUREEラデュレなど、当時から素敵なオリジナルフェーヴを用意していました。

 

ご縁とは面白いもので、今となってはガレット・デ・ロワ用のフェーヴについて、フランス専門メーカーからの直輸入・卸・小売までの一貫した管理をさせて頂いております。だから、オンラインや店舗にフェーヴが豊富に揃っています♪

 

オリジナルフェーヴにチャレンジされるプロ職人(シェフ、パティシエやブーランジェ)の方とフランス会社との橋渡しは、納得いく逸品が仕上げられるまでのお手伝い。

 

プロ向けはコーポレートサイトに掲載しています。店舗をお持ちの方は、こちらよりお問合せください。株式会社 La Ruche ラ・リュッシュ www.laruche.co.jp オリジナルフェーヴについてもご紹介させていただいています。

 

 

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
フランス万歳!18ピース構成

 

お菓子から出てきたフェーヴは、その時々のガレット・デ・ロワにまつわる懐かしい思い出も記憶によみがえる素敵なアイテムとなっています。

 

今年は豪華なフェーヴが出来上がりましたよ!なんと「フランス地図のパズル」18ピース構成

*店頭・オンラインよりお求めいただけます →  フランス万歳!フェーヴ特別セット

 

各地域の象徴的なものがモチーフ。パリはエッフェル塔。素敵で精巧なつくりだから一つずつクローズアップしてインスタグラム @la_ruche_officiel へ投稿中 よかったらフォローしてください。

 

以下の商品コラムBlogの方もぜひご覧ください♪

18個もある地図なので、商品コラムBlogも3回に分けての掲載になりました。

【フェーヴ】フランス地図セットのご紹介 前編(1-6)

【フェーヴ】フランス地図セットのご紹介 ~前回の続き7-12~

【フェーヴ】フランス地図(13~18)後編

 

Bonne fête a tous !

【ガレット・デ・ロワ】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」との出会い
【ils de france イルドフランス】 エッフェルがモチーフ
Share