Blogizumiブログ

2020/11/05
はちみつ

暮らしと自然のつながり

Bonjour !  

11月になり、気が付けば今年も残すところ2か月となりました。早いのか遅いのか…。今年は色々なことがありすぎて、気の抜けないまま一年を過ごしてきた感じです。皆さんも同じような感覚でしょうか。とにかく健康管理には気を付けたいですね。

気温が下がり、レザベイユ南青山の店内には秋からの定番人気商品Nougatヌガーが並びました。金色の紙袋が華やかです。当店のヌガーはハチミツ含有量が多くてアーモンドがたっぷり使用されている高級品種。プロヴァンス地方の素材に拘った高品質ヌガーに相応しい金袋。贈り物にもおススメ♪ ご購入はオンラインからどうぞ

https://www.lesabeilles-minamiaoyama.jp/product/?id=1595313790-727299&ca=2

 

さてさて、今日は、タイトルの「暮らしと自然のつながり」について。

 

 

暮らしと自然のつながり

私は、花、植物、果物が大好き。以前は、ただソレだけのことでしたが、

パリのハチミツ専門店<Les Abeillesレザベイユ>へ通って『自然と向き合う「養蜂家」』と出会ってからは「自然とのつながり」をより具体的なイメージで想い描けるようになりました。

解りやすく書くと、

ハチミツを見て植物が頭に浮かぶこと。果物をみてミツバチを想像して貴重さがわかること。日常生活の身の回りのものと自然のつながりを感じるようになったこと。

ハチミツって、ミツバチにしか作ることができない自然食品。

1匹のミツバチが一生かかって作れるのはティースプーン1杯分。

自然破壊が進むとハチミツも採れなくなる。

暮らしと自然のつながり

・養蜂家に教わったミツバチのこと・はちみつのこと

・ミツバチが作り出す生産物にはハチミツ以外にもあること

・プロポリス石鹸を改良するときに知ったパーム油の問題やRSPOの取り組みなど

フランスとの関わりで学んだこと、紹介できずに山積みになっている資料や写真を、

このリニューアルサイトで紹介していきます。

”取扱商品の全ては「意味があるもの」と信じられるものだけ”をモットーに歩んできた20年。

ブログページ(改修中の箇所)が整ったら、溜め込まずに紹介していきたいと思っています。

どこからくるのかわからないけれど、使命感を感じつつ、そうしたいと今は思っています。

どうぞ、これからも応援を宜しくお願い致します。

 

 

 

暮らしと自然のつながり