Blogizumiブログ

2020/08/14
はちみつ
コラム

生ハチミツとは何?

Bonjour ! 今日は「Mielハチミツ」のこと書きたいと思います。メルマガの中で毎月ハチミツを紹介させて頂いていますがblogにもまとめていきたいと思います。

パリで愛され続けるハチミツ専門店<Les Abeilles レザベイユ>の直輸入販売店ですから、専門店らしくご紹介したいテーマです。お楽しみ頂けますと幸い。

最近『生ハチミツ』という表示を見かけることがあります。お店でも「非加熱ですか」「産地はどこですか」と気にされる方も増えてきています。「天然ハチミツ」とそうでないものが在るということが知られるようになったのは良いこと。

天然ハチミツは、それなりに高価で貴重な食べ物だから。

ですが、この二つの質問への回答には少し難しい面があります。当社は「Miel 天然ハチミツと呼べるか、そうでないか」ということを大事にしています。

生ハチミツとは何?

<加熱>については少し説明をさせて頂くことがあります。なぜなら、湯煎も「温める」=「加熱」。加熱がすべて良くないと言い切れない場合もあるから。

 

生ハチミツとは何?

当店では「ミツバチが作ったまま」にこだわり、「極力、人の手を加えずに自然界のままのハチミツ」をモットーに扱っておりますから、過度な温めは行いません。

それでも冬場に結晶が進んでしまい、やむを得ず温めることはあり得ます。それに、ご家庭の結晶したハチミツについて相談を受けた場合は「瓶ごと湯煎して、溶けだしたら均一に混ぜて頂いたら滑らかになります」とお伝えさせて頂いています。

生ハチミツとは何?

巣箱が設置されているのは野外。夏場の巣箱の中だって温度は上がります。Les Abeilles レザベイユの考える温度管理は<自然界の温度>を基準にしています。

 

生ハチミツとは何?

生チョコならぬ、「生ハチミツ」の表記について。

昔、パリでパティシエ通訳をしていた頃、日本でブームになっていた「生チョコ」を直訳したら「生?意味がわからない」と疑問視されたことがありました。フランスではチョコに「生:なま」という表現はありませんでした。

そして今回は「生ハチミツ」。私の個人的な考えからすると少し厄介な日本語に感じています。当社としては、フランスの考え方※1に従って進めております。

※1「MIEL(天然ハチミツ)であるのか、そう称することはできない甘味料なのか」ということを基準にした区別の仕方。

生ハチミツとは何?

「MIEL(ミエル=天然ハチミツ)は、ミツバチが作る特殊な食べ物」そこに人の手が加わっている場合には、MIEL(天然ハチミツ)と称することはできません。

« Le miel est la substance sucrée naturelle produite par les abeilles de l’espèce Apis mellifère à partir du nectar de plantes ou des sécrétions provenant de parties vivantes des plantes ou des excrétions laissées sur celles-ci par des insectes suceurs, qu’elles butinent, transforment en les combinant avec des matières spécifiques propres, déposent, déshydratent, entreposent et laissent mûrir dans les rayons de la ruche. » *フランスのハチミツの定義

 

生ハチミツとは何?

「ミツバチが作ったMIEL(ハチミツ)呼べるもの」か「MIELと称することはできない甘味料」なのか、という区別にしたらどうだろうかと考えています。

実は最近のフランスでは、養蜂家たちがデモを行っています。それはスーパーに並ぶハチミツを調べると3分の2が天然ハチミツではなかったというスキャンダル。

6瓶中、Mielは2瓶だけだったという結果。別の番組では20瓶近くを抜き打ちで調べたところ、同じく3分の1の割合しかなかったという結果になっていました。

このことを報道番組がニュースとして取り上げるなど、関心が高まっています。番組内容から紹介しますと、アジアからハチミツとしてフランスに輸入された安価なもの(人工シロップが混ぜてあるもの)がヨーロッパ内で天然ハチミツと混ぜられて瓶詰めされているということ。そしてパッケージには「Miel ハチミツ」の表記。

100%天然ハチミツではないものにmielと書かれていることがフランス国内でも起きているということです。この衝撃のニュースはワークショップ(vol.3)の中でも少し紹介させて頂きました。残念ながら、それらは日本にも輸入されています。

生ハチミツとは何?

フランスパッケージのハチミツ全てが天然ハチミツということではないという事実。この衝撃的なニュースに興味のある方はYouTubeからご覧ください。いくつも動画が見つけられますが、解り易いタイトルはコチラ:les miel de nos supermarchés

フランス語ですが、画像から理解できると思います。

生ハチミツとは何?

Mielと呼べるものなのか、信頼できる仕入れルートなのか。天然ハチミツを手に入れるには、ここが大事のようです。見た目ではわからないのが困ったところ。

さ、気を取り直して、

次回は、明るい気分でハチミツの歴史や美味しい食べ方などを少しずつご紹介したいと思います。天然ハチミツは「とても貴重」ということ。

Bonne journée !

 

生ハチミツとは何?