Blogizumiブログ

2020/03/18

ニョッキの「フランス風」とは?

Bonjour !

今日はフランス料理のことを少しご紹介したいと思います。

レシピに「フランス風」と書いてあると「どのポイントがフランス風なのかなぁ」とパリ生活を思い浮かべながら読むことがあります。ついこの前「フランス風ニョッキ」というレシピを見つけて「ん?ニョッキがフランス風ってどういうこと?」と気になりました。

これは人気雑誌「Dancyu」バター特集内の上野万里子さんのレシピのタイトルで、ニョッキはイタリアンなのに「フランス風」と書いてあったから「なぜ?」を探りながら作ってみることにしました。*出来上がったのが下の写真。

 

 

パリ家庭ではニョッキを食べることが私にはなかったので「フランス風」と書いてある理由を探しながらの調理。作っていくと「あぁ!多分、そういうことなのかな?」と私なりに納得できる解釈がみつけられました(これが正解かわかりませんけど)。

ポイントとしては、ジャガイモじゃなくて、このニョッキはフランスでよく作っていたグジェール(チーズ味のシュー生地)を茹でたものでした。

シュークリームのシュー生地を作る要領で生地を作るのですが、砂糖じゃなくてチーズ=塩味で仕上げます。アペリティフのおつまみに人気の食べ物で、家庭でもおもてなしのときにはマダムとよく作りました。気に入っている食べ物です。

日本でも家庭のおやつとして作ります。

 

ニョッキの「フランス風」とは?

これが「グジェール Gougère」

グジェールのレシピは、今度レシピとしてブログに掲載していきますので、ご興味あるかたはソチラからご覧くださいね。さて、話を戻します。

ニョッキの「フランス風」とは?

膨らんだ生地の中にクリームは入れません。パン屋や総菜屋でも売っているパリジャンには馴染みのある食べ物。星付きレストランの前菜にも登場します。

上野万里子さんがご紹介されていたニョッキの生地はジャガイモじゃなくて、このグジェールの生地を茹でたものでした。シチューみたいな優しい味にしあがったので、夜食にピッタリでしたよ。

下の写真はフランスの牛乳。少し前にizumi-blogの中でキャップの色違いの意味を紹介したら反響を頂きました。

/15054

フランス人のLett先生も知らなかったのは想定外だったけど(笑)この色分けルールは、牛乳以外の乳製品(ヨーグルトやバター)のパケージの文字や包装の色「赤・青・緑」によって商品の違いに紐づけてあることが多くあります。 

フランス食材の店やフランスのスーパーへ行くことがあったら、パッケージの色使いを気にしてみてみてくださいね。次回の「みんなの暮らしonline」連載にはバターについて紹介させて頂くところです。では、A bientôt ! 

ニョッキの「フランス風」とは?
ニョッキの「フランス風」とは?