Blog店舗ブログ

2018/12/11
はちみつ
レシピ

ハチミツレシピ『りんごのコンポート』

Bonjour!レザベイユ南青山です。

あっという間に12月ですね。師走の慌ただしい季節。年末の追い込みに、身体に無理をしていませんか?本日は気軽に作れて、風邪予防にもおすすめな簡単ハチミツレシピ<Recette au Miel>をご紹介します。

ハチミツレシピ『りんごのコンポート』

スーパーでもりんごが沢山並ぶ時期になりました。フランスでもりんごはポピュラーな果物として愛されています。緑、赤、ピンク、茶、褐色など色もさまざまで、フランスでは朝や昼の軽い食事で気軽にほおばる習慣があります。コンポートは家庭でいただける気軽なデザート。お気に入りのハチミツとの相性を楽しんでください。

材料(4~6人分)

りんご …800g

水   …150㏄

砂糖  …100g

ハチミツ…30g

バニラの莢(さや) …15㎝

レモン果汁 …大さじ3杯

今回はフランボワジエ(木苺の花)で作ることにしました!希少なハチミツで、しばらく入荷が無かったのですが今年は採れたため店頭に並んでいる人気の味。優しい香りで、しっかり甘味が感じられるハチミツなので、コンポートにはぴったりです。

ハチミツレシピ『りんごのコンポート』

手順

1. バニラの莢(浸してバニラの種であるバニラビーンズを出す)とハチミツ・砂糖を水に混ぜながら沸騰させて、シロップを準備します。

2. りんごの皮をむいて芯を取り除き、スライスします。ボウルに入れ、レモン汁をりんご全体に行き渡るようにかけて混ぜます。

 3.沸騰したシロップの中にりんごを入れ、果肉が崩れない程度までそのまま煮ます。

 4.ハチミツをかけて温かいまま、もしくは冷ましてヨーグルトなどと一緒にお召し上がりください。

ハチミツレシピ『りんごのコンポート』
フランボワジエはハチミツの中でも希少な種類。贅沢に使います!
ハチミツレシピ『りんごのコンポート』
真ん中で割いて、ビーンズを取り出します。残ったさやも鍋へ!
ハチミツレシピ『りんごのコンポート』
フランボワジエのハチミツは黄金色でとても綺麗ですね

 

バニラビーンズやレモン果汁がない場合は、シナモンと砂糖でりんごを煮詰めただけでもとってもおいしいですよ!

ハチミツレシピ『りんごのコンポート』
煮崩れない程度に色が変わるまで

風邪予防にもおすすめの組み合わせです

アピセラピーの視点から見ると、フランボワジエのハチミツは『咳の緩和』や『喉の痛みを和らげる』など、呼吸器官に効能があると言われています。(どのハチミツを使っても、保湿効果が高いので喉にはオススメ!)一方、りんごも疲労回復に良いリンゴ酸やクエン酸がたっぷり。生食でりんごを召し上がる際にもはちみつを1スプーンかけてあげると、これからの冬の季節には風邪予防に効果抜群です。ぜひお試しくださいね。

フランボワジエのハチミツご購入はコチラからどうぞ!

ハチミツレシピ『りんごのコンポート』
ヨーグルトやホイップクリームを乗せて。今回はクロテッドクリームと一緒に食べました
ハチミツレシピ『りんごのコンポート』
ミエル フランボワジエ(木苺の花) 100g 1350円+税
Share