Column商品コラム

2019/10/20
はちみつ
プロポリス
コラム

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~

 

アピセラピーについて

アピセラピーという言葉をご存知ですか?

 

アピセラピーとはハチミツのみならず、プロポリス、ロイヤルゼリー、花粉などのミツバチが作り出す生産物を医療効果を利用した自然療法のことを指します。

 

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
フランスのプロポリス研究所APIMAB社内にて。サプリメントや化粧品まで多彩に並んでいます

 

アピセラピーの語源は

<Api :アピ(ラテン語)ミツバチ>

<Therapie:セラピー(治療)>

 

ヨーロッパでは、古来よりミツバチと関わってきた深い歴史があり、養蜂技術や知識は日常生活における健康食品としても日本より浸透していて、アピセラピー製品の研究などは、随分早くから進められてきました。

 

アピセラピーの歴史

 

 

レザベイユ南青山でも販売しているSavon Traitant(化粧石鹸)の製造元では、1985年にはプロポリス専門商品の販売を既に開始していました。ヨーロッパでは古くからハチミツやアピセラピー(巣箱生産物)の研究がされていたことがわかります。

 

日本にプロポリスがはじめて舶来したのはこの石鹸の販売と同年、1985年の国際養蜂会議(名古屋)と言われています。それまで日本にはその薬効に注目する人は殆どいなかったそう。日本におけるプロポリスの歴史はまだまだ浅く、アピセラピーという言葉自体も未だ馴染みがないのが現状です。

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
花蜜を集めている西洋ミツバチ

 

ミツバチが作り出す豊かな恵み

アピセラピーの効能をご紹介する前に、まずミツバチが作り出す生産物にはどんな種類があるのでしょうか。

 

巣箱を観察してみると、まさに1つの工場のようです。ミツバチは様々な物質を作り出し、巣箱の中は自然界で生き抜くためのパワフルな生命の源、エネルギーにあふれています。

 

ミツバチが作り出す生産物は大きく分けて二つ。

 

《exogene(外からの源)》ハチミツ・花粉・プロポリスの源となるもので、一般的に花や植物からの採取されるもの。

《endoene(内からの源)》ロイヤルゼリー・ミツロウ・毒液などミツバチ自身によって作り出されたもの。

 

 

私たちは本当に多くの恩恵をミツバチから貰っていることが分かりますね。次はアピセラピーの観点からみたそれぞれの効能についてお話致します。

 

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
ハチミツを使った食品にはお酢やお酒など沢山の種類があります

 

  アピセラピーの観点からみたそれぞれの効能

 

チミツ

 

殺菌作用、抗菌作用、傷口の回復を早める力により、ハチミツは免疫力を高める効果があると言われています。

 

またハチミツの糖類は、食べた後人体に直接吸収される単糖類(グルコース・レブロース・デクストロース…など)ですので、病気の際やスポーツ、登山などにも重宝される人間にとって素晴らしいエネルギーの源です。

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
巣箱から採取したプロポリス。これらを加工、配合して食品や化粧品が作られます

ロポリス

 

太古より、プロポリスをベースにした調合物は、天然の抗生物質として、殺菌作用、抗菌作用、麻酔剤として使われてきました。

科学的に証明されている特性としては、原生動物に対する広範囲における優れた殺菌作用、組織の再生作用、明確な麻酔作用があります。

 

※ プロポリスのご紹介はこちらのブログも併せてどうぞ

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
サラダにドレッシングと一緒にかけて食べることが多いようです。

 

ミツバチたちは、花から蜜を採取しながら、花粉を後ろ足で小さな玉にして集めて、巣箱に持ち帰るために《Pain d’ Abeilles : ミツバチのパン》を作ります。

 

これは、ミツバチたちにとってのたんぱく質の食べ物。花粉は炭水化物35%、たんぱく質20%、酵素やビタミン、アミノ酸など沢山の栄養成分を含んでいます。

 

アピセラピーにおいては滋養強壮、解毒、活力を与え、幸福感をもたらし、体の調子を整え、抵抗力を与え、また前立腺疾患に良い効果があると言われています。

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
フランスのプロポリス研究所への案内板。自然に囲まれてた場所にあります

イヤルゼリー

 

その名前が表わすように、ロイヤルゼリー(ローヤルゼリー)とは女王バチだけの独占的な特別な食べ物。それは、若い乳母ミツバチの頭部にある咽頭腺などから出る黄色っぽい乳白色の分泌物です。

働き蜂の平均寿命が45日ですが、女王バチは4.5年生きます。この食べ物は、生まれたての幼虫を数日で1800倍の体重に増加させ、大人の女王バチが1日あたりに1000個以上の卵を産むことを可能にします。

驚くべきこの効果は、特に強壮であり、未知の物質です。

 

生命エネルギーに溢れるロイヤルゼリー(ローヤルゼリー)は健康食品としても人気ですね。人体機能を強化・向上し、脳の良い働きを保ち、高齢者や回復期にある病人へ活力を与えます。不快感を改善し、うつ病、体力的・精神的疲労の回復促進、免疫力を高め、身体器官の調子と自律神経系の調子を整え、体力の増強、そして脳の働きを助けると言われています。

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
フランスでも歴史のあるAPIMAB社のプロポリスをレザベイユ南青山では直接輸入しています

ツロウ

 

ミツロウは巣を構成する蝋を精製したものです。口の中に入れても安全ですので、クレヨンの材料に用いられることもあります。

特に化粧品において優れた物質で、濃度を与えてトロミを出させたり、補形薬(薬を飲みやすくしたり、形を整えたりするための成分)として使用されています。

ミツロウは化学的にとても安定した物質で、時間が経っても変化しない特性があります。水分の蒸発や肌の保湿が失われるのを遅らせる保護膜を形成することで、肌に艶と滑らかさを与えます。

キャンディーの表面に輝きを与えるコーティングとしても使用されています。

フランスでは表面にミツロウを塗って焼き上げるカヌレが有名ですね!

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
ミツロウを使うことでパリっと焼きあがります

 

ヨーロッパではこのように古くから効能の研究を重ね、ミツバチの恵みを余すことなく活用してきました。生命活動そのものである生産物は、人々に活力と健康を与えてくれます。

 

アピセラピーではハチミツの種類によってもそれぞれ効果が違うと言われています(それはまたの機会にお伝え致したいと思います。)身近な存在のミツバチ。せっかくならアピセラピーの知識を正しく持ち、体調や性質に合わせて最適なミツバチの恩恵を取り入れていきたいですね!

【アピセラピー】~ミツバチの恩恵で身体を癒す~
ハチミツの効果や食べ方の本がフランスでは数多く出版されています
Share