Blog店舗ブログ

2019/04/04

L’abeille ラベイユ(ミツバチ)について

Bonjour!レザベイユ南青山です。

巣箱の中では何が起きているのか、ミツバチたちはどうやって生きているのか、ミツバチの生態についてのコラムをお届けします。

 

巣箱にいるミツバチの数

フランスの一般的なサイズの巣箱にいるミツバチの数、いったい何匹暮らしていると思いますか?夏場を冬場で巣箱の中にいるミツバチの数は大きく異なり、夏場は女王バチ1匹、オスバチ2,000匹、働きバチ(メス)80,000匹、冬場はオスバチはゼロに、働きバチ(メス)も半分の40,000匹に減少します。それにしても巣箱にそんなにたくさんのミツバチ達が暮らしているとは驚きですよね!

女王バチはタマゴの産み分けをする

春になると、女王バチは2,000個/日の卵を産みます。

その内訳は、

MALES:オスバチ………………………100匹 OUVRIERES:働きバチ(メス)…………1,900匹

女王バチは、必要な時期になってオスを産むことができます。そして、交尾をして卵を産んで働きバチ(メス)を増やします。意図的にオスとメスを産み分け出来る能力こそが、巣箱の秩序を保つ鍵なんですね。

ミツバチの寿命

ミツバチの寿命は女王バチ5年、オスバチ2か月、働きバチ(メス)は夏場で6週間、冬で4カ月と言われています。女王バチは専用の食事『ロイヤルゼリー』を食べるから長寿だと言われ、健康食品でも人気の理由となっています。

L’abeille ラベイユ(ミツバチ)について

春、気温が暖かくなると

働きバチは蜜を集めるために巣箱の外に飛んでいきます。女王バチは春から毎日2,000個の卵を産み続け、ミツバチの数をどんどん増やしていきます。ちなみに、オスバチは働きバチよりも体が大きいものの、ハチミツを作ることはありません。彼らの食糧はすべて働きバチがまかないます。巣箱の中で生活し、女王バチの産卵を支える生殖活動をしているといわれています。ですが、実際は巣箱の中にいる0.5%(10匹程度)しかその役割を果たさないとか。そのうえ、オスバチは一度女王バチと交尾すると死んでしまうのだそうです。

夏が過ぎて気温が下がると

ミツバチは巣箱の中に留まるようになり、夏に蓄えたハチミツを食べて冬を過ごします。冬ごもりの時にハチミツの蓄えが減ってしまうので、冬を迎える前に体の大きなオスバチは巣箱から追い出されてしまうのだそうです。巣の中に留まろうとするのなら、殺されてしまうのだとか。ですから、冬の巣箱にオスバチはいません。

どうして春に繁殖できるの?

巣箱の中がメスバチだけになった後、どうして春に女王バチが卵を産めるのか。実は、女王バチは卵を産むために必要な、オスバチから得たものを冬の間は大事に保管して、春になってから産むことができるのだそうです。女王バチはオスとメスをバランスよく産み分けながら家族を増やし、新しい年の活動を続けていくのです。

L’abeille ラベイユ(ミツバチ)について

ミツバチの仕事

ハチには集積の本能があります。花の蜜がある限り、巣箱にスペースが残っている限り、ハチはハチミツを貯め続けます。

ハチミツを作るのは働きバチ(メス)の仕事です。春になり暖かくなると蜜を集めに巣箱の外へ飛んでいき、ハチミツを作る活動を始めます。飛行距離は、巣箱を中心とした約3km(~30km²)。それ以上飛ぶこともありますが、その場合はミツバチが飛んでいる最中にハチミツを消費してしまうので巣箱に貯める分を持ち帰ることにはなりません。この習性、植物の開花時期の違い、広大な土地、養蜂家の活動によって「一花蜜」を採取することができます。

ミツバチ1匹が生涯で作るハチミツはティースプーン1杯

L’abeille ラベイユ(ミツバチ)について

養蜂家は、ハチミツの採取剰余分だけのハチミツをとるのでハチが蜜を損なうことはありません。そして、1匹のミツバチが一生飛び回って作ることができるハチミツの量は、なんとティースプーン1杯分程度。私たち人間は、ミツバチが作る貴重な自然の恵みを分けてもらっているのです。大切に頂きたいですね!

L’abeille ラベイユ(ミツバチ)について